サーバーの起動

Version 24.2.8965


サーバーの起動


CData Arc は、Web サービス、認証、暗号化、およびオートメーション機能を提供するアプリケーションフレームワークの上に作られています。本アプリケーションは任意のWindows ベースまたはJava ベースのWeb サーバーでホストできます。Windows とクロスプラットフォームの両エディションには、スタンドアロンサーバーが含まれているため、CData Arc をホストするために外部サーバーは必要ありません。

クロスプラットフォーム版

クロスプラットフォーム版は、簡単なクロスプラットフォームデプロイをサポートするために、Eclipse Jetty 上に構築されたWeb サーバーにバンドルされています。このスタンドアロンWeb サーバーは、インストールディレクトリにあるarc.jar ファイルを実行することで起動できます。

java -jar arc.jar

Arc は、あらゆる環境ですぐに動作するようあらかじめ設定されています。ただし、このWeb サーバーの設定をカスタマイズする必要がある場合は、arc.jar ファイルの隣にあるarc.properties ファイルを生成することができます。作成後、この設定ファイルは特定のデプロイニーズに応じて変更できます。

また、Arc はLinux システムでsystemd またはinit.d サービスをセットアップするのに使用できるservice.sh スクリプトを提供します。

Arc を任意のJava Servlet コンテナにデプロイすることもできます。いくつかの主要なJava Web サーバーへのデプロイについてのステップバイステップのガイドは、クロスプラットフォーム版を参照してください。

Microsoft Windows

Windows の場合、Arc はサービスとしてデフォルトでインストールされます。アプリケーションにアクセスするには、まず、サービスが起動していることを確認する必要があります。サービスが起動したら、Web ブラウザを開いてURL にhttp://localhost:8080/ を入力すると、Arc 管理コンソールにアクセスできます。

Linux サーバーの設定

次の手順を実行することで、Arc のLinux へのインストールが正常に機能します。

  1. Arc をインストールする際には、インストールを実行するユーザーが、インストールディレクトリに対する読み書きの権限を持つことを確認してください。インストールにはroot ユーザーが適しています。
  2. service.sh スクリプトを実行します。このスクリプトはsetup アーカイブのルートに配置されているので、/opt/arc に展開した場合はスクリプトへのパスは/opt/arc/service.sh となります。
  3. service.sh スクリプトの実行後、ご利用のLinux ディストーションが使用するサービスマネージャーに従ってサービスを起動してください。

    • init.d の場合は、次のコマンドを実行してください。sudo service arc start
    • systemd の場合は、次のコマンドを実行してください。sudo systemctl start arc

Note:Arc のデプロイ方法に関わらず、ApplicationDirectory 内のファイルおよびフォルダは、アプリケーションを実行しているユーザーによって読み取り / 書き込み可能である必要があります。Java 版のセットアップに同梱されるサービスインストーラーは、cdataarc を実行しているユーザーとして使用します。

アプリケーションが以前別のユーザーで実行されていて、cdataarc ユーザーがアプリケーションを実行するために必要な権限を復元したい場合は、コマンドは以下のようになります(必要に応じてディレクトリを変更してください)。

sudo chown -R cdataarc:cdataarc /opt/arc

.NET 版

.NET 版には、組み込みWeb サーバーが同梱されています。スタンドアロンサーバーを起動・実行するには、次の手順を実行してください。

  1. Windows スタートメニューから、またはインストールディレクトリのCData.Arc.exe ファイルを実行してサーバーを起動します(まだ実行されていない場合)。
  2. Web UI がブラウザで自動的に開かない場合は、次のいずれかの方法で手動でUI を起動します。
    • システムトレイのCData Arc アイコンをダブルクリックします。
    • CData Arc アイコンを右クリックしてアプリケーションを起動を選択します。
    • あるいは、ブラウザを使用して、サーバーがリッスンしているアドレスとポートに手動で移動します(デフォルトポートは8080 です)。

組み込みWeb サーバーのSSL/TLS およびその他の設定オプションの有効化については、組み込みサーバーの使用 セクションを参照してください。

IIS でのArc のホスティングについては、IIS での設定を参照してください。