fileCopy

Version 24.2.8965


fileCopy


指定されたパスにファイルやディレクトリをコピーします。

必要なパラメータ

  • source:コピーするファイル(filename 含む)またはディレクトリのパス。
  • destination:コピー先となるファイル(filename 含む)またはディレクトリのパス。

オプションのパラメータ

  • force:オペレーションがコピー先のパスに見つからないディレクトリを作成するかどうかを制御。true およびfalse が使用可能です。デフォルト値はtrue です。これは通常、コピー元のディレクトリ構造を宛先にミラーリングする必要がある場合に、recurse パラメータと組み合わせて使用されます。
  • mask:コピーするエントリを選択する際に使われるパターン。デフォルト値は* です。(例えば、*.xml でマスクするとソース内のすべてのXML ファイルと一致します。)
  • recurse:ソースから再帰的にファイルおよびディレクトリをコピー。このケースでは、コピー先はディレクトリととらえられます。false およびtrue が使用可能です。デフォルト値はfalse です。

アウトプット属性

  • file:source:ソースファイルまたはディレクトリへのフルパス。
  • file:destination:コピー先ファイルまたはディレクトリへのフルパス。

単一ファイルをコピー

<!-- Creating the input item with the associated source and destination attributes -->
<arc:set attr="input.source" value="/tmp/foo/helloworld.txt" />
<arc:set attr="input.destination" value="/tmp/bar/helloworld.txt" />

<!-- Calling fileCopy and passing in the input item -->
<arc:call op="fileCopy" in="input" out="result">
  <!-- Optional: Logging information about the copied file to the application log --> 
  <arc:set attr="_log.info" value="The file located at [result.file:source] was copied to [result.file:destination]"/>
</arc:call>

ディレクトリとその中身を再帰的にコピー

このスクリプトを実行すると、/tmp/foo にあるディレクトリ構造が/tmp/barにミラーリングされます。.xml ファイルのみがソースから宛先にコピーされます。

<!-- Creating the input item with the associated source and destination attributes -->
<arc:set attr="input.source" value="/tmp/foo" />
<arc:set attr="input.destination" value="/tmp/bar" />

<!-- Adding the optional mask parameter to only copy files in the directory that have the xml file extension --> 
<arc:set attr="input.mask" value="*.xml" />
<!-- Setting the recurse parameter to true to recursively copy any files and directories inside the source location --> 
<arc:set attr="input.recurse" value="true" />
<!-- Setting the force parameter to true so that the operation creates the necessary directories in the destination -->
<arc:set attr="input.force" value="true"/>  

<!-- Calling fileCopy and passing in the input item -->
<arc:call op="fileCopy" in="input" out="result">
  <!-- Optional: Logging information about the copied file to the application log --> 
  <arc:set attr="_log.info" value="The directory [result.file:source] was copied and placed within the following directory: [result.file:destination]"/>
</arc:call>