AMQP Connector Setup

Version 24.1.8910


AMQP Connector Setup


The Advanced Message Queueing Protocol (AMQP) connector allows you to integrate AMQP into your data flow by performing Produce and Consume actions on your data.

Establish a Connection

You must first establish a connection to AMQP through one of these two methods:

  • Add a AMQP connector to your flow. Then, in the settings pane, click Create next to the Connection drop-down list.
  • Open the CData Arc Settings page, then open the Connections tab. Click Add, select AMQP, and click Next.

Note:

  • The login process is only required the first time the connection is created.
  • Connections to AMQP can be re-used across multiple AMQP connectors.

After opening the connection dialogue, follow these steps:

  1. Enter the connection information:

    • Name — the static name of the connection.

    • Type — this is always set to AMQP.

    • Remote Host — the hostname or IP address of your AMQP remote host.

    • Remote Port — the port for your remote host connection.

    • Use TLS — whether to use TLS to encrypt the connection. Set this according to your AMQP configuration.

    • Container Id — (optional) the ID value for the container in your AMQP connection that you want to access.

    • Auth Scheme — the authentication scheme to use for the connection. Options are None, SASL Anonymous, and SASL Plain.

    If you select SASL Anonymous or SASL Plain authentication, enter the following information:

    • User — the username to use when connecting to AMQP.

    • Password — the password for the user.

  2. Click Test Connection to ensure that Arc can connect to AMQP with the provided information. If an error occurs, check all fields and try again.

  3. Click Add Connection to finalize the connection.

Connector Configuration

This section contains all of the configurable connector properties.

Settings Tab

Configuration

  • コネクタId コネクタの静的な一意の識別子。
  • コネクタの種類 コネクタ名とその機能の説明が表示されます。
  • コネクタの説明 コネクタとフローにおけるロールについて自由形式の説明を記載するオプションのフィールド。
  • Connection Select the connection you created in the previous steps.
  • Target (Optional) For the Produce action, supply the address of the node that should act as the receiver. For the Consume action, supply the address of the node that the connector should receive data from.
  • Action The action that the connector should perform. See Select an Action for more information.

Message

  • Sent フォルダに保存 チェックすると、コネクタで処理されたファイルをコネクタのSent フォルダにコピーします。
  • Sent フォルダのスキーム 選択された時間間隔に従ってSent フォルダ内のメッセージをグループ化するようコネクタに指示します。例えば、Weekly オプションを選択すると、コネクタは毎週新しいサブフォルダを作成してその週のすべてのメッセージをそのフォルダに格納します。ブランクに設定すると、コネクタはすべてのメッセージをSent フォルダに直接保存します。多くのメッセージを処理するコネクタの場合、サブフォルダを使用するとメッセージが整理されてパフォーマンスが向上します。

Logging

  • Log Level The verbosity of logs generated by the connector. When you request support, set this to Debug.
  • Log Subfolder Scheme Instructs the connector to group files in the Logs folder according to the selected interval. For example, the Weekly option instructs the connector to create a new subfolder each week and store all logs for the week in that folder. The blank setting tells the connector to save all logs directly in the Logs folder. For connectors that process many transactions, using subfolders helps keep logs organized and improves performance.
  • Log Messages Check this to have the log entry for a processed file include a copy of the file itself. If you disable this, you might not be able to download a copy of the file from the Input or Output tabs.

Automation Tab

Automation Settings

Settings related to the automatic processing of files by the connector.

  • Send A toggle that instructs the connector to automatically send files when they are ready.
  • Retry Interval The interval the connector waits before retrying a failed send.
  • Max Attempts The number of attempts the connector makes to send the message. Setting this value to 1 instructs the connector to only make the initial send attempt without retrying. The connector waits the duration specified by Retry Interval between each attempt.

Performance

コネクタへのリソースの割り当てに関する設定。

  • 最大ワーカー数 このコネクタでファイルを処理するためにスレッドプールで消費されるワーカースレッドの最大数。設定された場合、これは設定 > オートメーションページのデフォルト設定をオーバーライドします。
  • 最大ファイル数 コネクタに割り当てられた各スレッドが送信するファイルの最大数。設定された場合、これは設定 > オートメーションページのデフォルト設定をオーバーライドします。

アラートタブ

アラートとサービスレベル(SLA)の設定に関連する設定。

コネクタのE メール設定

サービスレベル(SLA)を実行する前に、通知用のE メールアラートを設定する必要があります。アラートを設定をクリックすると、新しいブラウザウィンドウで設定ページが開き、システム全体のアラートを設定することができます。詳しくは、アラートを参照してください。

サービスレベル(SLA)の設定

サービスレベルでは、フロー内のコネクタが送受信すると予想される処理量を設定し、その量が満たされると予想される時間枠を設定できます。CData Arc は、サービスレベルが満たされていない場合にユーザーに警告するE メールを送信し、SLA を At Risk(危険) としてマークします。これは、サービスレベルがすぐに満たされない場合に Violated(違反) としてマークされることを意味します。これにより、ユーザーはサービスレベルが満たされていない理由を特定し、適切な措置を講じることができます。At Risk の期間内にサービスレベルが満たされなかった場合、SLA はViolated としてマークされ、ユーザーに再度通知されます。

サービスレベルを定義するには、予想処理量の条件を追加をクリックします。

  • コネクタに個別の送信アクションと受信アクションがある場合は、ラジオボタンを使用してSLA に関連する方向を指定します。
  • 検知基準(最小)を、処理が予想されるトランザクションの最小値(量)に設定し、フィールドを使用して期間を指定します。
  • デフォルトでは、SLA は毎日有効です。これを変更するには、毎日のチェックをOFF にし、希望する曜日のチェックをON にします。
  • 期間終了前にステータスを’At Risk’ に設定するタイミングを使用して、SLA がAt Risk としてマークされるようにします。
  • デフォルトでは、通知はSLA が違反のステータスになるまで送信されません。これを変更するには、‘At Risk’ 通知を送信のチェックをON にします。

次の例は、月曜日から金曜日まで毎日1000ファイルを受信すると予想されるコネクタに対して構成されたSLA を示しています。1000ファイルが受信されていない場合、期間終了の1時間前にAt Risk 通知が送信されます。

Advanced Tab

Proxy Settings

These are a collection of settings that identify and authenticate to the proxy through which the AMQP connection should be routed. By default, this section uses the global settings on the Settings Page. Clear the checkbox to supply settings specific to your connector.

  • プロキシの種類 プロキシベースのファイアウォールで使用されるプロトコル。
  • プロキシホスト プロキシベースのファイアウォールの名前またはIP アドレス。
  • プロキシポート プロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。
  • プロキシユーザー プロキシベースのファイアウォールでの認証に使用するユーザー名。
  • プロキシパスワード プロキシベースのファイアウォールに認証するために使われるパスワード。
  • 認証スキーム デフォルトのNone のままにするか、以下の認証スキームから1つを選択します:BasicDigestProprietaryNTLM

Miscellaneous

Miscellaneous settings are for specific use cases.

  • Other Settings Enables you to configure hidden connector settings in a semicolon-separated list (for example, setting1=value1;setting2=value2). Normal connector use cases and functionality should not require the use of these settings.

Select an Action

After establishing a connection to AMQP, you must choose the action that the AMQP connector will perform. The table below outlines each action and where it belongs in an CData Arc flow:

Action Description Position in Flow
Produce Accepts input data from a file or another connector and sends it to your AMQP connection. End
Consume Listens for messages coming into the queue and sends incoming data down the flow through the Output path. Beginning

Produce

The Produce action sends input data to your AMQP connection. This data can come from other connectors or from files that you manually upload to the Input tab of the AMQP connector.

In some AMQP configurations, you can set the value of the Target field to the address of the node that should act as the receiver. This might not be necessary in all configurations.

Consume

The Consume action checks for messages in the AMQP queue. Data processed through the Consume connector goes to the Output tab and travels down to the next steps of the Arc flow.

In some AMQP configurations, you can set the value of the Target field to the address of the node that the connector should receive data from. This might not be necessary in all configurations.