Power BI Connector for XML

Build 23.0.8791

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、XML API への認証および接続について説明します。

DSN 設定

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。インストールプロセスではコネクタのインストール で説明のとおり、ユーザーDSN とシステムDSN の両方が作成されることに注意してください。

Note: 本製品 は、接続情報をWindows レジストリに保存します。本製品 がレジストリに書き込めるようにするには、Power BI を管理者として実行するか、接続にシステムDSN ではなくユーザーDSN を使用します。

ユーザーDSN

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. スタート -> 検索 を選択し、検索ボックスにODBC データソース と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. システムデータソースを選択して構成をクリックします。
  4. 接続タブの情報を編集してOK をクリックします。

システムDSN

システムDSN をユーザーDSN と同じ方法で設定します。ただし、ステップ3を実行する前に、システムDSN タブに切り替える必要があります。

Power BI のOn-Premises Data Gateway をStandard モードで使用している場合、システムDSN を使用する必要があります。

OAuthSettingsLocation(OAuth のプロンプトが繰り返されるのを避けるため、OAuth 認証情報をローカルに保存するパス)、およびCredentialsLocation(MFA 認証情報ファイルをローカルに保存するパス)にも有効な場所を指定する必要があります。

これは、Standard モードがサービスモードで動作し、C:\Windows\ServiceProfiles\PBIEgwService\AppData\Local\Microsoft\On-premises data gateway のような許可された場所にしかアクセスできないためです。

CData Power BI Connector for XML を使用すると、ローカルおよびリモートのXML リソースに接続できます。データソースへの接続に必要なプロパティに加えて、URI プロパティをXML リソースの場所に設定します。

ローカルファイルへの接続

ConnectionTypeLocal に設定します。ローカルファイルは、SELECT をサポートします。

URI をXML ファイルを含むフォルダに設定します。 C:\folder1

Cloud-Hosted XML ファイルへの接続

本製品 はさまざまなクラウドストレージ上にホストされたXML ファイルからデータを取得することができますが、INSERT、UPDATE、DELETE はローカルファイル以外ではサポートされていません

クラウド上のファイルをINSERT、UPDATE、DELETE する必要がある場合は、そのクラウドサービスに対応するCData 本製品 をダウンロードし(ストアドプロシージャでサポートされています)、ローカルファイルの対応する本製品 に変更を加え、そのクラウドソース用のストアドプロシージャを使ってファイルをアップロードできます。

例えば、SharePoint 上に格納されたファイルをアップデートしたい場合、CData SharePoint 本製品 のDownloadDocument プロシージャを使用してXML ファイルをダウンロードし、CData XML 本製品 でローカルのXML ファイルをアップデートして、最後にSharePoint 本製品 のUploadDocument プロシージャを使って変更されたファイルをSharePoint にアップロードできます。

URI 接続プロパティの先頭にある一意の接頭辞は、本製品 が対象とするクラウドデータストアを識別するために使用され、残りのパスは目的のフォルダ(1ファイルにつき1テーブル)または単一ファイル(単一テーブル)への相対パスとなります。

Amazon S3

Amazon S3 に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeConnectionTypeAmazon S3 に設定。
  • URI:バケット内のXML ドキュメント:s3://bucket1/folder1 に設定。

Amazon S3 でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Amazon S3 への接続 を参照してください。

Azure Blob Storage

Azure Blob Storage に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeAzure Blob Storage に設定。
  • URI:コンテナの名前およびBlob の名前に設定。例えば、azureblob://mycontainer/myblob です。

Amazon Blob Storage でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Azure Blob Storage への接続 を参照してください。

Azure Data Lake Storage

Azure Data Lake Storage に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeAzure Data Lake Storage Gen1Azure Data Lake Storage Gen2、またはAzure Data Lake Storage Gen2 SSL に設定。
  • URI:ファイルシステムの名前、XML ファイルにコンタクトするフォルダの名前、およびXML ファイルの名前 に設定。次に例を示します。
    • Gen 1:adl://myfilesystem/folder1
    • Gen 2:abfs://myfilesystem/folder1
    • Gen 2 SSL:abfss://myfilesystem/folder1

Azure Data Lake Storage でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Azure Data Lake Storage への接続 を参照してください。

Azure File Storage

接続するには次のプロパティを設定します。

  • ConnectionTypeAzure Files に設定。
  • URI:Azure ファイル共有の名前とリソースの名前に設定。例:azurefile://fileShare/remotePath
  • AzureStorageAccount(必須):Azure ファイルに紐づいているアカウントに設定。

Azure アクセスキーまたはAzure 共有アクセス署名のいずれかで認証できます。次のいずれか1つを設定してください。

  • AzureAccessKey:Azure ファイルに紐づいているアクセスキーに設定。
  • AzureSharedAccessSignature:Azure ファイルに紐づいている共有アクセス署名に設定。

Box

Box に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeBox に設定。
  • URI:ファイルシステムの名前、XML ファイルにコンタクトするフォルダの名前、およびXML ファイルの名前 に設定。例えば、box://folder1です。

Box でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Box への接続 を参照してください。

Dropbox

Dropbox に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeDropbox に設定。
  • URI:XML ファイルへのパス に設定。例えば、dropbox://folder1 です。

Dropbox でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Dropbox への接続 を参照してください。

FTP

本製品 は、FTP サーバーへのプレーンテキスト接続およびSSL/TLS 接続の両方をサポートします。

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ConnectionTypeFTP またはFTPS のいずれかに設定。
  • URI:XML ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレス に設定。例:ftp://localhost:990/folder1 またはftps://localhost:990/folder1
  • User:接続するFTP(S) サーバーのユーザー名に設定。
  • Password:接続するFTP(S) サーバーのパスワードに設定。

Google Cloud Storage

Google Cloud Storage に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeGoogle Cloud Storage に設定。
  • URI:ファイルシステムの名前、XML ファイルを含むフォルダの名前、およびXML ファイルの名前 へのパスに設定。例えば、gs://bucket/remotePath です。

Google Cloud Storage でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Google Cloud Storage への接続 を参照してください。

Google Drive

Google Drive に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeGoogle Drive に設定。
  • URI:ファイルシステムの名前、XML ファイルにコンタクトするフォルダの名前、およびXML ファイルの名前 へのパスに設定。例えば、gdrive://folder1 です。

Google Drive でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、Google Drive への接続 を参照してください。

HDFS

HDFS に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeHDFS またはHDFS Secure に設定。
  • URI:XML ファイルへのパス に設定。次に例を示します。
    • HDFS: webhdfs://host:port/remotePath
    • HDFS Secure: webhdfss://host:port/remotePath

HDFS データソースへの接続に使用できる認証方法は、匿名認証とKerberos 認証の2つがあります。

匿名認証

状況によっては、認証接続プロパティなしでHDFS に接続できます。 そのためには、AuthScheme プロパティをNone(デフォルト)に設定します。

Kerberos を使用した認証

認証資格情報が必要な場合、認証にKerberos を使用することができます。 Kerberos で認証する方法についての詳細は、Kerberos の使用 を参照してください。

HTTP Streams

HTTP streams に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeHTTP またはHTTPS に設定。
  • URI:HTTP(S) stream のURI に設定。次に例を示します。
    • HTTP: http://remoteStream
    • HTTPS: https://remoteStream

HTTP Streams でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、HTTP Streams への接続 を参照してください。

IBM Cloud Object Storage

IBM Cloud Object Storage に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeIBM Object Storage Source に設定。
  • URI:バケットおよびフォルダに設定。例えば、ibmobjectstorage://bucket1/remotePath です。
  • Region:このプロパティをIBM インスタンスリージョンに設定。例:eu-gb.

IBM Cloud Object Storage でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、IBM Object Storage への接続 を参照してください。

OneDrive

OneDrive に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeOneDrive に設定。
  • URI:XML ファイルへのパス に設定。例えば、onedrive://remotePath です。

OneDrive でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、OneDrive への接続 を参照してください。

Oracle Cloud Storage

HMAC で認証するには、次のプロパティを設定します。

  • ConnectionTypeConnectionTypeOracle Cloud Storage に設定。
  • URI:バケット内のXML ドキュメント:os://bucket/remotePath に設定。
  • AccessKey: Oracle Cloud のAccess Key に設定。
  • SecretKey:Oracle Cloud のSecret Key に設定。
  • OracleNamespace:Oracle cloud のnamespace に設定。
  • Region(オプション):S3ライクなWeb サービスのホスティングリージョンに設定。

SFTP

SFTP に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeSFTP に設定。
  • URI:これをサーバーのアドレスに設定し、ルートフォルダとして使用するフォルダのパスを続けて指定します。例えば、sftp://server:port/remotePath です。

SFTP でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、SFTP への接続 を参照してください。

SharePoint Online

SharePoint Online に格納されているXML リソースを識別するために以下を設定します。

  • ConnectionTypeSharePoint REST またはSharePoint SOAP に設定。
  • URI:XML ファイルを含むドキュメントライブラリ に設定。次に例を示します。
    • SharePoint Online REST: sprest://remotePath
    • SharePoint Online SOAP: sp://remotePath

SharePoint Online でホストされているXML ファイルへの接続および認証について詳しくは、SharePoint Online への接続 を参照してください。

セキュアなXML への接続

デフォルトでは、本製品 はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてSSLServerCert プロパティを参照してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791