Power BI Connector for XML

Build 23.0.8791

Amazon S3 への接続

接続の前に

AWS キーを取得

IAM ユーザーの認証情報を取得するには:
  1. IAM コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインでユーザーを選択します。
  3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してからセキュリティ認証情報タブを選択します。
AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:
  1. ルートアカウントの認証情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
  2. アカウント名または番号を選択します。
  3. 表示されたメニューでMy Security Credentials を選択します。
  4. ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成するには、Continue to Security Credentials をクリックし、[Access Keys]セクションを展開します。

Amazon S3 への接続

データへの接続には、以下を設定してください。

  • AWSRegion:XML データがホストされているリージョンに設定。
  • StorageBaseURL(オプション):ベースとなるS3 サービスのURL が"amazonaws.com" と異なる場合のみ、そのURL を指定します。必ず完全なURL を指定してください。例:http://127.0.0.1:9000

Amazon S3 への認証

XML への接続に使用できる認証方法は、以下を含めいくつかあります。

  • ルートクレデンシャル
  • AWS ロール(EC2 インスタンスまたはルート認証の指定による)としてのAWS ロール
  • SSO(ADFS、Okta、PingFederate)
  • MFA
  • 一時クレデンシャル
  • クレデンシャルファイル

ルートクレデンシャル

アカウントのルートクレデンシャルで認証するには、次の設定パラメータを設定します。

  • AuthSchemeAwsRootKeys
  • AWSAccessKey:AWS ルートアカウントに紐づいているアクセスキー。
  • AWSSecretKey:AWS ルートアカウントに紐づいているシークレットキー。

Note: この認証スキームの使用は、簡単なテスト以外ではAmazon では推奨されていません。アカウントのルート認証情報はユーザーの完全な権限を持つため、これが最も安全性の低い認証方法になります。

EC2 Instances

AuthSchemeAwsEC2Roles に設定します。

EC2 インスタンスから本製品 を使用していて、そのインスタンスにIAM ロールが割り当てられている場合は、 認証にIAM ロールを使用できます。本製品 は自動的にIAM ロールの認証情報を取得し、それらを使って認証するため、AWSAccessKey およびAWSSecretKey を指定する必要はありません。

認証にIAM ロールも使用している場合は、さらに以下を指定する必要があります。

  • AWSRoleARN:認証したいロールのRole ARN を指定。これにより、本製品 は指定されたロールの認証情報を 取得しようと試みます。
  • AWSExternalId(オプション):別のAWS アカウントでロールを引き受ける場合にのみ必要です。

IMDSv2 サポート

XML 本製品 は、IMDSv2 をサポートしています。IMDSv1 とは異なり、新バージョンでは認証トークンが必須です。エンドポイントおよびレスポンスは、両バージョンで同じです。

IMDSv2 では、XML 本製品 はまずIMDSv2 メタデータトークンの取得を試み、それを使用してAWS メタデータエンドポイントを呼び出します。トークンを取得できない場合、本製品 はIMDSv1 を使用します。

AWS IAM Roles

AuthSchemeAwsIAMRoles に設定します。

多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。AWS ルートユーザーのAWSAccessKey およびAWSSecretKey を指定している場合、ロールは使用できない場合があります。

AWS ロールとして認証するには、次のプロパティを設定します。

  • AWSAccessKey:ロールを担うIAM ユーザーのアクセスキー。
  • AWSSecretKey:ロールを担うIAM ユーザーのシークレットキー。
  • AWSRoleARN:認証したいロールのRole ARN を指定。これにより、本製品 は指定されたロールの認証情報を 取得しようと試みます。
  • AWSExternalId(オプション):別のAWS アカウントでロールを引き受ける場合にのみ必要です。

ADFS

ADFS に接続するには、AuthSchemeADFS に設定し、次のプロパティを設定します。

  • User:ADFS ユーザー。
  • Password:ADFS ユーザーのパスワード。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーのログインURL。

ADFS への認証を行うには、次のSSOProperties を設定します。

  • RelyingParty:ADFS サーバーのRelying Party Identifier の値。

接続文字列の例:

AuthScheme=ADFS;User=username;Password=password;SSOLoginURL='https://sts.company.com';SSOProperties='RelyingParty=https://saml.salesforce.com';

ADFS 統合

ADFS 統合フローでは、現在ログインしているWindows ユーザーの資格情報で接続します。 ADFS 統合フローを使用するには、User およびPassword を指定せず、それ以外の設定は上記のADFS ガイドと同じ手順を実行してください。

Okta

Okta に接続するには、AuthSchemeOkta に設定し、次のプロパティを設定します。

  • User:Okta ユーザー。
  • Password:Okta ユーザーのパスワード。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーのログインURL。

Okta クライアントリクエストコンテキストをオーバーライドする信頼されたアプリケーションまたはプロキシを使用する場合、またはMFA を設定している場合は、Okta を使用して認証するためにSSOProperties を組み合わせて使用する必要があります。必要に応じて、以下のいずれかを設定します。

  • APIToken:Okta クライアントリクエストコンテキストをオーバーライドする、信頼されたアプリケーションまたはプロキシ経由でユーザーを認証する場合、これを顧客がOkta 組織で作成したAPI Token に設定します。
  • MFAType:MFA フローを設定した場合、次の対応するタイプのいずれかに設定します:OktaVerifyEmail、またはSMS
  • MFAPassCode:MFA フローを設定した場合は、有効なパスコードに設定します。
    これを空欄または無効な値に設定した場合、本製品 はユーザーのデバイスまたはE メールにワンタイムパスワードチャレンジを発行します。パスコードを受信後、取得したワンタイムパスワードをMFAPassCode 接続プロパティに設定する接続を再度開きます。
  • MFARememberDevice:デフォルトはTrue です。Okta は、MFA が必要な場合にデバイスを記憶させることをサポートします。設定された認証ポリシーに従ってデバイスの記憶が許可されている場合、本製品 はMFA 認証の有効期間を延長するデバイストークンを送信します。MFA を記憶させない場合は、この 変数をFalse に設定してください。

接続文字列の例:

AuthScheme=Okta;SSOLoginURL='https://example.okta.com/home/appType/0bg4ivz6cJRZgCz5d6/46';User=oktaUserName;Password=oktaPassword;

PingFederate に接続するには、AuthSchemePingFederate に設定し、次のプロパティを設定します。

  • User:PingFederate ユーザー。
  • Password:PingFederate ユーザーのパスワード。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーのログインURL。
  • AWSRoleARN(オプション):複数のロールARN がある場合は、認可に使用するARN を指定します。
  • AWSPrincipalARN(オプション):複数のプリンシパルARN がある場合は、認可に使用するARN を指定します。
  • SSOExchangeUrl: The Partner Service Identifier URI configured in your PingFederate server instance under: SP Connections > SP Connection > WS-Trust > Protocol Settings. This should uniquely identify a PingFederate SP Connection, so it is a good idea to set it to your AWS SSO ACS URL. You can find it under AWS SSO > Settings > View Details next to the Authentication field.
  • SSOProperties(オプション):Amazon S3へのリクエストにユーザー名とパスワードを認可ヘッダーとして含める場合は、Authscheme=Basic

SSOLoginURL 用の相互SSL 認証(WS-Trust STS エンドポイント)を有効化するには、次の SSOProperties を設定します。

  • SSLClientCert
  • SSLClientCertType
  • SSLClientCertSubject
  • SSLClientCertPassword

接続文字列の例:

authScheme=pingfederate;SSOLoginURL=https://mycustomserver.com:9033/idp/sts.wst;SSOExchangeUrl=https://us-east-1.signin.aws.amazon.com/platform/saml/acs/764ef411-xxxxxx;user=admin;password=PassValue;AWSPrincipalARN=arn:aws:iam::215338515180:saml-provider/pingFederate;AWSRoleArn=arn:aws:iam::215338515180:role/SSOTest2;

MFA

多要素認証を必要とするユーザーおよびロールには、以下を指定して認証してください。

  • AuthSchemeAwsMFA に設定。
  • CredentialsLocation:MFA クレデンシャルが保存される設定ファイルの場所。詳しくは、接続文字列オプションのCredentials File Location のページを参照してください。
  • MFASerialNumber:MFA デバイスが使用されている場合は、そのシリアル番号。
  • MFAToken:MFA デバイスから利用できる一時トークン。
(すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、追加で以下を指定する必要があります。
  • AWSAccessKey:MFA が発行されるIAM ユーザーのアクセスキー。
  • AWSSecretKey:MFA が発行されるIAM ユーザーのシークレットキー。
認証にIAM ロールも使用している場合は、さらに以下を指定する必要があります。
  • AWSRoleARN:認証したいロールのRole ARN を指定。これにより、本製品 はMFA を使用して指定されたロールの認証情報を 取得しようと試みます。
  • AWSExternalId(オプション):別のAWS アカウントでロールを引き受ける場合にのみ必要です。
これにより、本製品 は一時的な認証情報を取得するために、リクエストでMFA 認証情報を送信します。

一時的な認証情報の有効期間(デフォルトは3600秒)は、TemporaryTokenDuration プロパティを設定することで制御できます。

一時クレデンシャル

一時クレデンシャルで認証するには、次を設定します。

  • AuthSchemeAwsTempCredentials に設定。
  • AWSAccessKey:ロールを担うIAM ユーザーのアクセスキー。
  • AWSSecretKey:ロールを担うIAM ユーザーのシークレットキー。
  • AWSSessionToken:AWS のセッショントークン。これは一時的な認証情報とともに提供されます。詳しくは、AWS Identity and Access Management User Guide を参照してください。

本製品 は、一時クレデンシャルの有効期間中、長期的な認証情報(IAM ユーザー認証情報など)によって提供されるものと同じ権限を使用してリソースをリクエストできるようになりました。

認証にIAM ロールも使用している場合は、さらに以下を指定する必要があります。

  • AWSRoleARN:認証したいロールのRole ARN を指定。これにより、本製品 は指定されたロールの認証情報を 取得しようと試みます。
  • AWSExternalId(オプション):別のAWS アカウントでロールを引き受ける場合にのみ必要です。

クレデンシャルファイル

認証にはクレデンシャルファイルを使用することができます。AccessKey/SecretKey 認証、一時クレデンシャル、ロール認証、またはMFA に関連するすべての設定が使用できます。 これを行うには、次のプロパティを設定して認証します。

  • AuthSchemeAwsCredentialsFile に設定。
  • AWSCredentialsFile:クレデンシャルファイルの場所に設定。
  • AWSCredentialsFileProfile(オプション):オプションで、指定したクレデンシャルファイルから使用するプロファイルの名前に設定。指定しない場合は、default という名前のプロファイルが使用されます。
詳しくは、AWS Command Line Interface User Guide を参照してください。

Azure AD

この設定では、2つの別個のAzure AD アプリケーションが必要になります。

  • シングルサインオンに使用される"XML" アプリケーション。
  • "XML" アプリケーションに対するuser_impersonation 権限を持つカスタムOAuth アプリケーション。(カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。)

Azure AD に接続するには、AuthSchemeAzureAD に設定し、次のプロパティを設定します。

  • OAuthClientId:アプリ登録の概要セクションにリストされている、コネクタアプリケーションのアプリケーションId。
  • OAuthClientSecret:コネクタアプリケーションのクライアントシークレット値。新しいクライアントシークレットを作成すると、Azure AD にこれが表示されます。
  • CallbackURL:コネクタアプリケーションのリダイレクトURI。例: https://localhost:33333

Azure AD を認証するには、これらのSSOProperties を設定します。

  • Resource:アプリ登録の概要セクションにリストされている、XML アプリケーションのアプリケーションId URI。ほとんどの場合、これはカスタムXML ドメインのURL です。
  • AzureTenant:アプリケーションが登録されているAzure AD テナントのId。

接続文字列の例:

AuthScheme=AzureAD;OAuthClientId=3ea1c786-d527-4399-8c3b-2e3696ae4b48;OauthClientSecret=xxx;CallbackUrl=https://localhost:33333;SSOProperties='Resource=https://signin.aws.amazon.com/saml;AzureTenant=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx';

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791