ADO.NET Provider for BigCommerce

Build 23.0.8770

接続の確立

BigCommerce への接続

BigCommerce 認証は標準のOAuth フローに基づいています。

Store ID の取得

BigCommerce Store に接続するには、StoreId が必要です。Store Id を確認するには、以下の手順に従ってください。

  1. BigCommerce アカウントにログインします。
  2. ホームページでAdvanced Settings -> API Accounts を選択します。
  3. Create API Account -> Create V2/V3 API Token をクリックします。
  4. 画面にAPI Path という名前のテキストボックスが表示されます。
  5. テキストボックス内に、次の構造のURL が表示されます:https://api.bigcommerce.com/stores/{Store Id}/v3。
  6. 上記で示したように、Store Id は'stores/' と'/v3' パスパラメータの間に位置します。
  7. Store Id を確認したら、キャンセル をクリックするか、まだAPI Account を持っていない場合は作成に進むことができます。

個人用アクセストークンの取得

加えて、自分のデータをテストおよびアクセスするには、個人用トークンを取得する必要があります。個人用トークンを取得する方法は次のとおりです。

  1. BigCommerce アカウントにログインします。
  2. ホームページでAdvanced Settings -> API Accounts を選択します。
  3. Create API Account -> Create V2/V3 API Token をクリックします。
  4. アカウント名を入力します。
  5. 作成するAPI Account のOAuth Scopes を選択します。本製品 は"None" とマークされたデータにアクセスできません。また、"read-only" とマークされたデータを変更できません。
  6. 保存をクリックします。

BigCommerce への認証

BigCommerce を認証する方法は2つあります。
  • BigCommerce ユーザーインターフェース(UI)で生成されたOAuthAccess トークンの使用
  • カスタムBigCommerce アプリケーションで作成されたOAuth 資格情報の使用

Big Commerce UI

「BigCommerce からのOAuthAccess トークンの生成」では、BigCommerce に接続するための資格情報を取得する方法について説明します。アクセストークンは、特定のアカウント情報の共有を許可します。このフローでは、BigCommerce のUI で直接アプリケーションへのアクセス許可を明示的に作成および承認するため、実行時にWeb ブラウザは必要ありません。これは最も簡単な接続方法であり、個人または会社のデータにアクセスするだけのユーザーに推奨されます。

アクセストークンの生成

BigCommerce アカウントのUI から直接OAuthAccessToken を取得する場合は:

  1. BigCommerce アカウントにログインします。
  2. ホームページでAdvanced Settings -> API Accounts を選択します。
  3. Create API Account -> Create V2/V3 API Token を選択します。
  4. アカウント名を入力します。
  5. 作成するAPI Account のOAuth Scopes を選択します。ドライバーは"None" とマークされたデータにアクセスできません。また、"read-only" とマークされたデータを変更できません。
  6. 保存をクリックします。

新しく作成したアプリのアクセストークン、およびStore Id が画面に表示されます。 これらの資格情報にアクセスできるのはこの時だけなので、必ずコピーしてください。 これらの資格情報を使用し、以下の接続プロパティを設定してBigCommerce に接続できます。

  • AuthScheme:個人用アクセストークン
  • StoreIdStoreId に設定。BigCommerce のStore Id の確認方法について、詳しくは接続の確立 を参照してください。
  • OAuthAccessToken:アクセストークン

BigCommerce のStore Id の確認方法について、詳しくは「接続の確立」を参照してください。

BigCommerce カスタムアプリの作成

BigCommerce アプリの作成 では、BigCommerce に接続するためのカスタムアプリを作成する方法について説明します。ここで詳しく説明する配布用のアプリケーションを作成する方法は、以下の各セクションで必要となります。

  • デスクトップアプリケーション
  • Web アプリケーション
  • ヘッドレスマシン

これらのすべてのケースでAuthSchemeOAUTH に設定する必要があります。以下のセクションは、すでに設定済みであることを前提として書かれています。

アプリの作成は単一のOAuthAccess トークンを生成するより複雑ですが、複数のクライアントに接続またはアクセスを許可する設計のクライアント統合や、複数のユーザーによって個別に承認されるアプリを作成する管理シナリオでは、より望ましい場合があります。

デスクトップアプリ

下記の手順に従って、カスタムOAuth アプリの資格情報を使用して認証します。詳しくは前述の「アクセストークンの生成」を参照してください。

OAuth アクセストークンの取得

次のプロパティを設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリ設定のクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリ設定のクライアントシークレットに設定。
  • CallbackURL:アプリ設定のリダイレクトURL に設定。
  • StoreIdStoreId に設定。BigCommerce のStore Id の確認方法について、詳しくは接続の確立 を参照してください。
  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 交換の繰り返しや、手動でのOAuthAccessToken 設定を避けられます。
接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品 はこれでOAuth プロセスを完了します。
  1. コールバックURL からアクセストークンを取得し、リクエストを認証します。
  2. 古いトークンの期限が切れたときは、新しいアクセストークンを取得します。
  3. OAuthSettingsLocation にOAuth 値を保存し、接続間で永続化します。

Web アプリ

Web アプリケーション経由で接続する場合は、BigCommerce にカスタムOAuth アプリを登録する必要があります。詳しくは前述の「アクセストークンの生成」を参照してください。それから本製品 を使用してOAuth トークンの値を取得および管理します。

OAuth アクセストークンの取得

次の接続プロパティを設定し、OAuthAccessToken を取得します。

  • OAuthClientId:アプリ設定のクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリ設定のクライアントシークレットに設定。
  • StoreIdStoreId に設定。

続いてストアドプロシージャを呼び出し、OAuth 交換を完了します。

  1. GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。AuthMode インプットをWEB に、CallbackURL インプットをアプリケーション設定で指定したリダイレクトURI に設定します。必要に応じて、Permissions パラメータを設定してカスタム権限をリクエストします。

    ストアドプロシージャがOAuth エンドポイントのURL を返します。

  2. URL を開き、ログインして、アプリケーションを認可します。コールバックURL にリダイレクトされます。
  3. GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャを呼び出します。AuthMode インプットをWEB に設定します。Verifier インプットを、コールバックURL のクエリ文字列の"code" パラメータに設定します。必要に応じて、Permissions パラメータを設定してカスタム権限をリクエストします。

OAuthAccessToken 接続プロパティをストアドプロシージャで返されたアクセストークンに設定し、データに接続します。ExpiresIn 秒後に、アクセストークンの期限が切れたときは、GetOAuthAccessToken を呼び出し、新しいアクセストークンを取得します。

ヘッドレスマシン

ヘッドレスマシンのユーザーアカウントでOAuth を使用するようにドライバーを設定するには、インターネットブラウザに対応した別の端末で認証する必要があります。

  1. 以下の2つのオプションから選択します。

    • オプション1:後述の「Verifier code を取得および交換」に従い、OAuthVerifier 値を取得します。
    • オプション2:別のマシンに本製品 をインストールし、後述の「OAuth 設定を転送」の説明に従い、通常のブラウザベースのフローで認証後にOAuth 認証値を転送します。

  2. その後、ヘッドレスマシンからアクセストークンを自動的にリフレッシュするように本製品 を設定します。

オプション1:Verifier code を取得および交換

Verifier code を取得するには、OAuth Authorization URL で認証する必要があります。

インターネットブラウザに対応したマシンから認証してOAuthVerifier 接続プロパティを取得する方法は次のとおりです。

  1. 以下のオプションから選択します。

    • 埋め込みOAuth アプリケーションを使用する場合は、BigCommerce OAuth endpoint をクリックし、ブラウザでエンドポイントを開きます。
    • カスタムOAuth アプリケーションを使用するには、以下のプロパティを設定し、認証URL を作成します。
      • InitiateOAuthOFF に設定。
      • OAuthClientId:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId に設定。
      • OAuthClientSecret:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
      次に、適切なCallbackURL を指定してGetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。ストアドプロシージャによって返されたURL をブラウザで開きます。

  2. ログインして、本製品 にアクセス許可を与えます。すると、verifier code を含むコールバックURL にリダイレクトされます。
  3. verifier code の値を保存します。後ほどこれをOAuthVerifier 接続プロパティに設定します。
次に、OAuth verifier code をOAuth リフレッシュトークンおよびアクセストークンと交換する必要があります。次のプロパティを設定します。

ヘッドレスマシンでは、次の接続プロパティを設定してOAuth 認証値を取得します。

  • InitiateOAuthREFRESH に設定。
  • OAuthVerifier:verifier code に設定。
  • OAuthClientId:(カスタムアプリのみ)カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:(カスタムアプリのみ)カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • OAuthSettingsLocation:ドライバーがOAuth トークン値を保存するファイルの場所に設定。これは接続間で維持されます。

OAuth 設定ファイルが生成されたら、以下のように接続プロパティをリセットする必要があります。

  • InitiateOAuthREFRESH に設定。
  • OAuthClientId:(カスタムアプリのみ)アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:(カスタムアプリのみ)アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
  • OAuthSettingsLocation:暗号化されたOAuth 認証値が保存される場所に設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、この場所が本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。

オプション2:OAuth 設定を転送

ヘッドレスマシンでの接続に先立ち、インターネットブラウザに対応したデバイスでドライバーとの接続を作成し、インストールする必要があります。上述の「デスクトップアプリケーション」の説明に従って、接続プロパティを設定します。

「デスクトップアプリケーション」の手順が完了すると、生成された認証値は、OAuthSettingsLocation で指定された場所に暗号化されて書き込まれます。デフォルトのファイル名はOAuthSettings.txt です。

接続が正常にテストされたら、OAuth 設定ファイルをヘッドレスマシンにコピーします。

ヘッドレスマシンで、次の接続プロパティを設定し、データに接続します。

  • InitiateOAuthREFRESH に設定。
  • OAuthClientId:(カスタムアプリのみ)アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:(カスタムアプリのみ)アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
  • OAuthSettingsLocation:OAuth 設定ファイルの場所に設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、この場所が本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770