Power BI Connector for XML

Build 23.0.8791

データセットの発行

XML データを含むデータセットの発行

本製品 に関連付けられているシステムDSN を構成し、接続テストでDSN が正常に動作することを確認します。システムDSN が正しく設定されていない場合は、設定ヘルプのDSN の作成 を参照してください。

次に、以下のようにデータセットを作成して発行します。

  1. Power BI Desktop を開きます。
  2. ホームリボンで、データを取得 -> その他に移動します。
  3. その他リストをスクロールダウンして、CData XML を見つけます。
  4. CData XML をクリックして、次に接続をクリックします。PowerBI ゲートウェイが、CData XML Connector ウィンドウを表示します。
  5. Data Source Name にXML システムDSN 名(デフォルトのシステムDSN は"CData PBI XML Sys")を指定し、インポートモードを選択してOK をクリックします。PowerBI ゲートウェイが、ナビゲーターウィンドウを表示します。左ペインに、選択したデータソースで使用可能なテーブルのディレクトリが表示されます。
  6. フォルダをクリックして開き、テーブル名の横にあるチェックボックスで必要なテーブルを選択します。
  7. 読み込みをクリックします。選択されたデータは、右側の「データ」ペインに表示されます。
  8. ビジュアライゼーションを作成します。
  9. 発行する準備ができたら、ホームリボンに戻ります。
  10. 発行をクリックします。
  11. プロンプトが表示されたら、Power BI アカウントにサインインします。
  12. データセットの.pbix ファイルに名前を付けて保存します。選択したデータセット名はpowerbi.com に反映されます。
  13. プロンプトが表示されたら、Power BI ゲートウェイインストールに紐付けられているPower BI アカウントでサインインします。
  14. データセットを発行するワークスペースを選択し、選択をクリックします。発行プロセスが完了するのを待ちます。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791