Tableau Connector for SAP ByDesign

Build 21.0.7930

接続の設定

コネクタには、Tableau の外部で接続設定を構築およびテストできるConnection Builder が付属しています。 また、Tableau の接続ダイアログにリストされていないオプションを提供するために使用できる接続文字列を作成することもできます。

Connection Builder の設定

Connection Builder にアクセスする方法は2つあります。

  • Windows では、スタートメニューの[CData SAP ByDesign Tableau Data Connector]フォルダの下に[Connection Builder]というショートカットが表示されます。
  • また、ドライバーのインストールディレクトリに移動し、lib ディレクトリで.jar ファイルを実行することによってもConnection Builder を開始できます。

Connection Builder では、接続プロパティに値を設定し、[接続テスト]ボタンをクリックして、その動作を確認することができます。 また、[クリップボードにコピー]ボタンを使用して、Tableau で使用する接続文字列をコピーすることもできます。

このセクションでは、使用しているアカウントの認証を提供し、接続する方法を説明します。

SAPByDesign Account の認証

SAP ByDesign に接続するには、次の接続プロパティを設定します。

  • Url:SAP ByDesign サイトのURL に設定。例:https://test.sapbydesign.com。CustomService およびAnalyticsService のいずれも指定されていない場合、URL は有効なデータサービスを指す必要があります。例:https://test.sapbydesign.com/sap/byd/odata/cc_home_analytics.svc。
  • User:アカウントのユーザー名に設定。
  • Password:アカウントのパスワードに設定。
  • CustomService またはAnalyticsService:いずれも指定しないか、いずれか一方のみを指定する必要があります。データを取得するカスタムサービスがある場合はCustomService を指定します。アナリティクスサービスのレポートを取得する場合はAnalyticsService を指定します。
    どちらも指定されていない場合は、指定したURL のDataSources が取得されます。指定するサービスがわからない場合は、Services ビューをクエリして利用可能なサービスを一覧表示できます。

新しいカスタムODATA サービスを追加

  • SAP ByDesign ワークセンタービューで、[Application and User Management]をクリックします。
  • [OData Services]を選択します。
  • ドロップダウンリストから[Custom OData Services]を選択します。
  • これで現在のカスタムサービスのリストを見ることができます。新しいサービスを追加するには、[New]をクリックします。

次のステップ

次の手順については、SAP ByDesign API への認証を含むデータの取得 を参照してください。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930