Excel Add-In for SAP ByDesign

Build 20.0.7695

接続の確立

接続プロファイルの設定

[CData]リボンから[データの取得]をクリックし、[取得元:SAP ByDesign]を選択してSAP ByDesign クエリウィンドウを起動します。接続を設定するには、[選択]ボタンをクリックします。ここでは、接続の設定、接続のテスト、および接続プロファイルの保存を行うことができます。

このセクションでは、使用しているアカウントの認証を提供し、接続する方法を説明します。

SAPByDesign Account の認証

SAP ByDesign に接続するには、次の接続プロパティを設定します。

  • Url:SAP ByDesign サイトのURL に設定。例:https://test.sapbydesign.com。CustomService およびAnalyticsService のいずれも指定されていない場合、URL は有効なデータサービスを指す必要があります。例:https://test.sapbydesign.com/sap/byd/odata/cc_home_analytics.svc。
  • User:アカウントのユーザー名に設定。
  • Password:アカウントのパスワードに設定。
  • CustomService またはAnalyticsService:いずれも指定しないか、いずれか一方のみを指定する必要があります。データを取得するカスタムサービスがある場合はCustomService を指定します。アナリティクスサービスのレポートを取得する場合はAnalyticsService を指定します。
    どちらも指定されていない場合は、指定したURL のDataSources が取得されます。指定するサービスがわからない場合は、Services ビューをクエリして利用可能なサービスを一覧表示できます。

新しいカスタムODATA サービスを追加

  • SAP ByDesign ワークセンタービューで、[Application and User Management]をクリックします。
  • [OData Services]を選択します。
  • ドロップダウンリストから[Custom OData Services]を選択します。
  • これで現在のカスタムサービスのリストを見ることができます。新しいサービスを追加するには、[New]をクリックします。

接続プロパティ

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

接続の管理

SAP ByDesign への認証に成功すると、インポートするデータをカスタマイズすることができます。詳しくは、接続の管理 を参照してください。

関連項目

  • データのクエリ:[データ選択]ウィザードを使用してスプレッドシートにデータをプルします。また、ここではスケジュールされたデータのリフレッシュも設定できます。
  • Excel アドインの使用:利用可能なCData Excel 式 を使用するなど、SAP ByDesign データとやりとりする他の方法が見つかります。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7695