JDBC Driver for Smaregi

Build 20.0.7787

ProductReserveItems

商品情報:商品予備項目

Select

本製品 は Smaregi API を使用して、WHERE 句条件と選択されたカラムを処理します。LIKE(date およびdateTime データ型のカラムの場合)およびIN 演算子は、クライアント側で処理されます。 =、!=、

、>、<、>=、<=、AND、LIKE、ORDER BY 演算子は、サーバー側で処理されます。 例えば、次のクエリはサーバー側で処理されます。

SELECT Value FROM ProductReserveItems

SELECT * FROM ProductReserveItems WHERE No > 5
SupportEnhancedSQL をfalse に設定すると、クライアント側の実行をオフにできます。その場合、その他のカラムを参照する検索条件でエラーが発生します。

Insert

ProductReserveItem を追加するには、すべてのフィールドを指定します。

INSERT INTO ProductReserveItems (ProductId,No,Value) VALUES(45345,2,1)

NOTE:レコードがすでに存在する場合、挿入は成功せず、ドライバーは影響を受けた行を0 行返します。

Upsert

ProductReserveItemを追加 / 更新するには、すべてのフィールドを指定します。

UPSERT INTO ProductReserveItems (ProductId,No,Value) VALUES(45345,2,1)

Bulk Upsert

複数のProductReserveItem を追加 / 更新するには、すべてのフィールドを指定します。

INSERT INTO ProductReserveItems#TEMP (ProductId,No,Value) VALUES(45345,2,1)
INSERT INTO ProductReserveItems#TEMP (ProductId,No,Value) VALUES(45347,2,1)
UPSERT INTO ProductReserveItems (ProductId,No,Value) SELECT ProductId,No,Value FROM ProductReserveItems#TEMP

Update

スマレジはValue カラムの更新を許容します。

UPDATE ProductReserveItems SET Value=0 WHERE ProductId=7 AND No=2

Delete

ProductReserveItems は、ProductId およびNo を指定することで削除できます。

DELETE FROM ProductReserveItems WHERE ProductId =7 and No=4

Bulk Delete


INSERT INTO ProductReserveItems#TEMP (ProductId,No) VALUES(45345,2)
INSERT INTO ProductReserveItems#TEMP (ProductId,No) VALUES(45346,2)
DELETE from ProductReserveItems WHERE EXISTS SELECT ProductId, NO From ProductReserveItems#TEMP

Columns

Name Type ReadOnly References Description
ProductId [KEY] Long False

Products.ProductId

商品ID (PK) : 同一の商品IDがテーブルに存在する場合、対象のデータを更新。数字15桁以内。商品IDは必ず設定してください。

No [KEY] Integer False

項目番号 (PK) : 1-99 の項目番号。

Value String False

値 : 85文字以内。予備項目の値。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7787