JDBC Driver for Smaregi

Build 20.0.7787

Losses

ロス情報:ロス

Select

本製品 は Smaregi API を使用して、WHERE 句条件と選択されたカラムを処理します。LIKE(date およびdateTime データ型のカラムの場合)およびIN 演算子は、クライアント側で処理されます。 =、!=、

、>、<、>=、<=、AND、LIKE、ORDER BY 演算子は、サーバー側で処理されます。 例えば、次のクエリはサーバー側で処理されます。

SELECT Division FROM Losses ORDER BY LossId DESC

SELECT * FROM Losses WHERE LossId != 5
SupportEnhancedSQL をfalse に設定すると、クライアント側の実行をオフにできます。その場合、その他のカラムを参照する検索条件でエラーが発生します。

Insert

Loss を追加するには、StoreId、Division、Memo、IdentificationNo、Token、LossDatetime およびDetailAggregate を指定します。

テンポラリテーブルの使用

INSERT INTO LossDetails#Temp (productCode,color,productId,size,quantity) VALUES(4,'White',6,'S',2)
INSERT INTO Losses (StoreId,Division,Memo,IdentificationNo,Token,LossDatetime,DetailAggregate) VALUES(1,'01','Memo','loss32','764956r6f694344r3r332465','2020-01-17 02:05:45','LossDetails#Temp')

集計の使用

INSERT INTO Losses (StoreId,Division,Memo,IdentificationNo,LossDatetime,DetailAggregate) VALUES(1,'02','Memo','loss32','2020-01-17 02:05:45','    {
      "table_name": "LossDetail",
      "rows": [
        {
          "productCode": "2000001000045",
          "color": "White",
          "productId": "4",
          "size": "S",
          "quantity": "2",
        }
      ]
    }
')

Upsert

アップサートは、このテーブルではサポートされていません。

Update

スマレジはDivision、Memo、LossDatetime、IdentificationNo、Token およびDetailAggregate カラムの更新を許容します。

Update Losses set Memo='UpdatedMemo5', Division='02' WHERE LossId=1
DetailAggregate カラムの更新クエリの変更は、LossDetails ビューに反映されます。

テンポラリテーブルの使用

INSERT INTO LossDetails#Temp (LossId,productCode,color,productId,size,quantity) VALUES(21,6,'White',5,'S',2)
INSERT INTO LossDetails#Temp (LossId,productCode,color,productId,size,quantity) VALUES(21,5,'White',7,'S',2)
Update Losses set DetailAggregate='LossDetails#Temp' Where LossId=21

集計の使用

Update Losses set DetailAggregate='    {
      "table_name": "LossDetail",
      "rows": [
        {
          "lossId": "21",
          "productCode": "2000001000045",
          "color": "White",
          "productId": "9",
          "size": "S",
          "quantity": "2",
        }
      ]
    }
'  Where LossId=21

Delete

Losses は、ProductId を指定することで削除できます。

DELETE from Losses WHERE LossId =12

Bulk Delete


INSERT INTO Losses#Temp (LossId) VALUES (11)
INSERT INTO Losses#Temp (LossId) VALUES (12)
INSERT INTO Losses#Temp (LossId) VALUES (13)
INSERT INTO Losses#Temp (LossId) VALUES (22)
DELETE FROM Losses WHERE EXISTS SELECT LossId FROM Losses#Temp

Columns

Name Type ReadOnly References Description
LossId [KEY] Integer False

ロスID (PK) : ロス毎に付与するID。【自動更新】自動採番登録時不要。更新、削除必須。

StoreId Integer True

Stores.StoreId

店舗ID : 数字9桁以内。変更不可のため、更新時に登録内容と異なる日時が指定するとエラー。

Division String False

ロス区分 : ロス区分を設定。01:廃棄、02:盗難、99:その他

Memo String False

メモ : 1000文字以内。ロス理由などを設定。

LossDatetime Datetime False

ロス発生日時 : ロスの発生日時を設定。(YYYY-MM-DD HH:MM:SS形式)登録時必須。変更不可のため、更新時に登録内容と異なる日時が指定するとエラー。

IdentificationNo String False

識別番号 : ロス情報を管理するための任意の文字列を設定出来る項目。

Modified Datetime True

更新日時 : ロスの更新日時。 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS形式)

Token String False

トークン : リクエストを一意に識別するためのトークン文字列を設定。重複するトークン文字列が指定された場合、スルーします。設定例:リクエスト日時(YYYYMMDDHHMMSS)+2桁の連番

DetailAggregate String False

A JSON aggregate of details associated with the loss.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7787