CData Python Connector for Garoon

Build 20.0.7745

Events

予定をクエリ、作成、変更、および削除します。

Select

本製品 は Garoon API を使用して、以下のカラムと演算子で構築されたWHERE 句条件を処理します。その他のフィルタはクライアント側で本製品 内部で処理されます。

  • DateTime <、<=、=、>= および > 演算子をサポートします。
  • TargetType '=' 演算子をサポートします。
  • Target '=' 演算子をサポートします。

NOTE: Target and TargetType fields should be used together in the query (i.e If target field is specified in the query, targetType field is also mandatory and vice versa). 例えば、次のクエリはサーバー側で処理されます。

SELECT *  FROM Events WHERE DateTime>='2019-11-22 00:00:00.0'
SELECT *  FROM Events WHERE DateTime>'2019-11-22 00:00:00.0'
SELECT *  From Events Where targetType='user' and target='4'
SupportEnhancedSQL をfalse に設定すると、クライアント側の実行をオフにできます。その場合、その他のカラムを参照する検索条件でエラーが発生します。

Update

ReadOnly がfalse のカラムを更新できます。

UPDATE Events 
SET EventMenu='test', Subject='test', Notes='TEMPORARY', visibilityType='PRIVATE', useAttendanceCheck=false, CompanyInfoName='CompanyName',CompanyInfoZipCode='CompanyZipCode',
 CompanyInfoAddress='CompanyAddress', CompanyInfoRoute='CompanyRoute', CompanyInfoRouteTime='2020', CompanyInfoRouteFare='223', CompanyInfoPhone='24342232342' , 
 StartDateTime='2019-01-28T06:51:24Z', StartTimeZone='Asia/Tokyo', EndDateTime='2019-01-28T06:51:24Z', EndTimeZone='Asia/Tokyo', isAllDay=true, isStartOnly=false, AdditionalItemsItemValue='test'  
 WHERE Id=35

テンポラリテーブルの使用:

INSERT INTO Watchers#TEMP (Code,Type) VALUES('User1','USER')
INSERT INTO Watchers#TEMP (Code,Type) VALUES('User2','USER')
INSERT INTO Watchers#TEMP (Code,Type) VALUES('User3','USER')
UPDATE Events SET Watchers='Watchers#TEMP' WHERE Id=35

集計の使用:

UPDATE Events SET Watchers='[
    {
      "type": "USER",
      "code": "c000001"
    }
  ]', visibilityType='SET_PRIVATE_WATCHERS' WHERE Id=35
UPDATE Events SET Attendees='[
    {
      "type": "USER",
      "code": "c000001"
    }
  ]' WHERE Id=35
  UPDATE Events SET facilities='[
    {
      "code": "F001"
    }
  ]' WHERE Id=35

Insert

Event を追加するには、次のカラムの組み合わせの少なくとも1つを指定する必要があります。
a) EventType、StartDateTime、StartTimeZone、EndDateTime、EndTimeZone およびFacilities カラム。
b) EventType、StartDateTime、StartTimeZone、EndDateTime、EndTimeZone およびAttendees カラム。
c) EventType、StartDateTime、StartTimeZone、IsStartOnly(true) およびFacilities カラム。
d) EventType、StartDateTime、StartTimeZone、IsStartOnly(true) およびAttendees カラム。

テンポラリテーブルの使用:

INSERT INTO EventAttendees#TEMP (Code,Type) VALUES('User','USER')
INSERT INTO Events (EventType, StartDateTime, StartTimeZone, IsStartOnly, Attendees) VALUES ('REGULAR', '2020-09-27T14:00:00+09:00', 'Asia/Tokyo', true, 'EventAttendees#TEMP')

INSERT INTO EventFacilities#TEMP (Code) VALUES('FacilityGroupsFacility1')
INSERT INTO Events (EventType, StartDateTime, StartTimeZone, EndDateTime, EndTimeZone, Facilities) VALUES ('REGULAR', '2020-09-17T14:00:00', 'Asia/Tokyo', '2020-09-17T15:00:00', 'Asia/Tokyo', 'EventFacilities#TEMP')

添付ファイル付きのイベントを挿入します。(添付ファイルのコンテンツにはBase64 エンコードが必要です。)

INSERT INTO EventAttendees#TEMP (Code,Type) VALUES('Endri','USER')
INSERT INTO EventAttachments#TEMP (name,contentType,content) VALUES('test1.txt','plain/text','dGVzdA==')
INSERT INTO EventAttachments#TEMP (name,contentType,content) VALUES('test2.txt','plain/text','dGVrdrdr33zdA==')
INSERT INTO Events (EventType,StartDateTime,StartTimeZone,isStartOnly, Attendees, Attachments ) VALUES ('REGULAR','2020-09-27T14:00:00+09:00','Asia/Tokyo', true,'EventAttendees#TEMP', 'EventAttachments#TEMP')

集計の使用:

INSERT INTO Events (EventType, StartDateTime, StartTimeZone, EndDateTime, EndTimeZone, IsStartOnly, Facilities) VALUES ('REGULAR', '2020-09-27T14:00:00', 'Asia/Tokyo', '2020-09-27T15:00:00', 'Asia/Tokyo', false, '[
    {
      "code": "F001"
    }
  ]')

Delete

イベントのId を指定することでイベントを削除できます。

DELETE FROM Events WHERE Id = 34

Columns

Name Type ReadOnly Description
Id [KEY] String True

予定の構成ID。

EventId Int True

予定ID。

CreatorId Int True

登録者のユーザーID。

CreatorCode String True

登録者のログイン名。

CreatorName String True

登録者の表示名。

CreatedAt Datetime True

予定の作成日時。

UpdaterId Int True

更新者ID。

UpdaterCode String True

更新者のログイン名。

UpdaterName String True

更新者の表示名。

UpdatedAt Datetime True

予定の更新日時。

EventType String False

予定のタイプ。

EventMenu String False

予定メニュー。

Subject String False

タイトル。

Notes String False

メモ。

VisibilityType String False

公開設定のタイプ。

UseAttendanceCheck Boolean False

出欠確認を使用しているかどうか。

Attachments String True

予定の添付ファイル。

Attendees String False

参加者のリスト。

AttendeesCandidate String True

参加者の候補リスト。

CompanyInfoName String False

会社名。

CompanyInfoZipCode String False

郵便番号。

CompanyInfoAddress String False

住所。

CompanyInfoRoute String False

路線の経路。

CompanyInfoRouteTime String False

路線の所要時間。

CompanyInfoRouteFare String False

路線の運賃。

CompanyInfoPhone String False

電話番号。

StartDateTime Datetime False

予定の開始日時。

StartTimeZone String False

開始タイムゾーン。

EndDateTime Datetime False

予定の終了日時。

EndTimeZone String False

終了タイムゾーン。

IsAllDay Boolean False

True に設定すると、終日の予定になります。

IsStartOnly Boolean False

True に設定すると、開始のみの予定になります。

OriginalStartTimeZone String True

予定の登録または更新時にstart.timeZone または repeatInfo.timeZone プロパティに設定されたタイムゾーン。

OriginalEndTimeZone String True

予定の登録または更新時にend.timeZone または repeatInfo.timeZone プロパティに設定されたタイムゾーン。

Watchers String False

予定の公開先のリスト。

WatchersCandidate String True

公開先の候補リスト。

Facilities String False

施設のリスト。

FacilitiesCandidate String True

施設の候補リスト。

FacilityUsingPurpose String False

施設の利用目的。

FacilityReservationInfo String True

施設予約情報。

FacilityUsageRequests String True

施設の利用申請のリスト。

RepeatInfo String True

繰り返し予定情報。

TemporaryEventCandidates String True

期間予定情報。

AdditionalItemsItemValue String False

予定のAPI用連携項目の値。

RepeatId String True

繰り返し予定ID。

Pseudo-Columns

SELECT ステートメントのWHERE 句では、疑似カラムフィールドを使用して、データソースから返されるタプルを詳細に制御することができます。

Name Type Description
DateTime Datetime

検索対象の日時をRFC3339 形式で指定します。サポートされる演算子は =、<、>、<=、>= です。

TargetType String

Specify the type to narrow down the results by user, organization or facility.

使用できる値は次のとおりです。user, organization, facility

Target String

Specify the ID to narrow down the results by user Id, organization Id or facility Id.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745