CData Python Connector for Garoon

Build 20.0.7745

接続の確立

The objects available within our connector are accessible from the "cdata.garoon" module. In order to use the module's objects directly, the module must first be imported as below:

import cdata.garoon as mod

From there, the connect() method can be called from the connector object to establish a connection using an appropriate connection string, such as the below:

mod.connect("User=myuseraccount;Password=mypassword;Url=http://subdomain.domain.com;")

Garoon への接続

認証値に加えて、下記のパラメータを使いGaroon に接続しデータを取得します。

  • Url:アカウントのURL。

NOTE:サポートされているバージョンで許容されるURL 形式は以下のとおりです。

  • Cloud 版:https://(subdomain).cybozu.com
  • Package 版(Windows 環境):http://(server IP address or host name)/scripts/(installation identifier)/grn.exe
  • Package 版(Linux 環境):http://(server IP address or host name)/cgi-bin/(installation identifier)/grn.cgi

Garoon への認証

Garoon は、以下の認証メソッドをサポートしています。

パスワード認証の使用

Garoon への認証には、以下を設定する必要があります。

  • User:アカウントのユーザー名。
  • Password:アカウントのパスワード。

Basic 認証の使用

Basic 認証セキュリティ機能がドメインに設定されている場合は、BasicAuthUserBasicAuthPassword の追加ログイン資格情報を指定します。Basic 認証ではUserPassword に加えて、これらのクレデンシャルが必要です。

クライアントSSL の使用

Basic 認証の代わりに、クライアント証明書を指定して本製品 を認証できます。 SSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubject、 およびSSLClientCertPassword を設定します。

さらに、UserPassword をGaroon のログイン資格情報に設定します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745