ODBC Driver for Garoon

Build 20.0.7655

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

Garoon への接続

認証値に加えて、下記のパラメータを使いGaroon に接続しデータを取得します。

  • Url:アカウントのURL。

NOTE:サポートされているバージョンで許容されるURL 形式は以下のとおりです。

  • Cloud 版:https://(subdomain).cybozu.com
  • Package 版(Windows 環境):http://(server IP address or host name)/scripts/(installation identifier)/grn.exe
  • Package 版(Linux 環境):http://(server IP address or host name)/cgi-bin/(installation identifier)/grn.cgi

Garoon への認証

Garoon は、以下の認証メソッドをサポートしています。

パスワード認証の使用

Garoon への認証には、以下を設定する必要があります。

  • User:アカウントのユーザー名。
  • Password:アカウントのパスワード。

Basic 認証の使用

Basic 認証セキュリティ機能がドメインに設定されている場合は、BasicAuthUserBasicAuthPassword の追加ログイン資格情報を指定します。Basic 認証ではUserPassword に加えて、これらのクレデンシャルが必要です。

クライアントSSL の使用

Basic 認証の代わりに、クライアント証明書を指定して本製品 を認証できます。 SSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubject、 およびSSLClientCertPassword を設定します。

さらに、UserPassword をGaroon のログイン資格情報に設定します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7655