SSIS Components for Qoo10

Build 22.0.8397

ストアドプロシージャの呼び出し

ほとんどの場合、ストアドプロシージャはQoo10 Task を使用して制御フローで実行されます。しかし、プロセスによっては、データフローレベルで実行した方が便利な場合があります。ここで紹介するプロセスを使用して、変換元コンポーネントでもストアドプロシージャを実行することができます。

変換元コンポーネントからのストアドプロシージャの呼び出し

次の手順に従って、SQL EXEC キーワードでストアドプロシージャを実行します。

  1. データフロータスク内のコンポーネントをダブルクリックして、エディターを開きます。
  2. [Data Access Mode]メニューで[SQL コマンド]を選択します。 ストアドプロシージャステートメントのクエリ構文は、以下に示す標準形式に従います。
    EXECUTE my_proc @first = '1', @second = '2', @third = '3';
    
    EXEC my_proc @first = '1', @second = '2', @third = '3';

    EXECUTE とEXEC は同じ意味で使用できます。クエリをパラメータ化する方法については、変換元コンポーネントの使用 を参照してください。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397