CData Python Connector for Qoo10

Build 22.0.8397

キャッシュ接続の設定

キャッシュデータベースの設定

このセクションでは、選択した永続ストアにデータをキャッシュするためのプロパティについて説明します。

CacheLocation

CacheLocation プロパティは、ファイルシステムベースのデータベースへのパスを指定します。キャッシュが有効な場合、ファイルシステムベースのデータベースがデフォルトで使用されます。CacheLocation が指定されていない場合、このデータベースはLocation のパスに格納されます。これらの接続プロパティがいずれも指定されていない場合、本製品 はプラットフォームに依存するデフォルトの場所を使用します。

CacheConnection

CacheConnection プロパティは、データベースドライバーとキャッシュデータベースへの接続文字列を指定します。

CacheDriver およびCacheProvider

CacheDriverCacheProvider の両プロパティがサポートされています。各プロパティは、データベースドライバーとキャッシュデータベースへの接続文字列を指定します。CacheDriver はLinux およびMacOS 用に設計されています。CacheProvider はWindows ベースです。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397