CData Python Connector for Qoo10

Build 22.0.8397

データの変更

この接続は、データソースに対してINSERT、UPDATE、およびDELETE コマンドを発行するためにも使用されます。必要に応じて、これらのステートメントでパラメータを使用できます。本製品 はトランザクションをサポートしていません。このコネクタによって実行されたSQL ステートメントは、直ちにデータソースに影響を与えます。接続オブジェクトのcommit() メソッドを使用しないでください。

Insert

次の例では、テーブルに新しいレコードを追加します。

cmd = "INSERT INTO GoodsDetail (ItemNo, ItemTitle) VALUES (?, ?)"
params = ["Jon Doe", "John"]
cur = conn.execute(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Update

次の例では、テーブル内の既存のレコードを変更します。

cmd = "UPDATE GoodsDetail SET ItemTitle = ? WHERE Id = ?"
params = ["John", "6"]
cur = conn.execute(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Delete

次の例では、テーブルから既存のレコードを削除します。

cmd = "DELETE FROM GoodsDetail WHERE Id = ?"
params = ["6"]
cur = conn.execute(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397