CData Python Connector for Qoo10

Build 22.0.8397

データの変更

"execute()" を呼び出してセッションで個別にコマンドを実行できます。

テーブルオブジェクトの取得

このメソッドに提供されるクエリは、マップされたクラスの関連するTable オブジェクトを使用して構築されます。このTable オブジェクトは、以下のように、マップされたクラスのメタデータフィールドから取得されます。

GoodsDetail_table = GoodsDetail.metadata.tables["GoodsDetail"]

テーブルオブジェクトが取得されると、次の方法で書き込み操作が実行されます。クエリは"commit()" を呼び出すことなく即座に実行されます。

Insert

次の例では、テーブルに新しいレコードを追加します。

session.execute(GoodsDetail_table.insert(), {"ItemNo": "Jon Doe", "ItemTitle": "John"})

Update

次の例では、テーブル内の既存のレコードを変更します。

session.execute(GoodsDetail_table.update().where(GoodsDetail_table.c.Id == "6").values(ItemNo="Jon Doe", ItemTitle="John"))

Delete

次の例では、テーブルから既存のレコードを削除します。

session.execute(GoodsDetail_table.delete().where(GoodsDetail_table.c.Id == "6"))

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397