SSIS Components for Oracle OCI

Build 21.0.7930

接続の確立

Oracle OCI 接続マネージャーで接続

新しいOracle OCI 接続は、SSIS パッケージに簡単に追加できます。[接続マネージャー]ウィンドウ内を右クリックし、メニューから[新しい接続]を選択します。次に、[SSIS 接続マネージャーの追加]ウィンドウから[Oracle OCI 接続マネージャー]を選択します。

または、Oracle OCI 変換元またはOracle OCI 変換先を使用して、新しい接続を直接作成できます。[Oracle OCI 接続マネージャー]ウィンドウでは、プロパティを設定できます。

接続する前に

Oracle に接続するには環境変数を適切に更新し、本製品 に同梱されているOracle OCI ライブラリのアセンブリを含むフォルダの場所を参照するよう変更する必要があります。

  • Windows:PATH にネイティブライブラリを設定してください。
  • Mac:DYLIB_LIBRARY_PATH にネイティブライブラリを設定してください。
  • Linux:LD_LIBRARY_PATH にネイティブライブラリを設定してください。

これらのネイティブライブラリは、本製品 のインストールディレクトリ内のlib フォルダに存在します。

Oracle OCI への接続

適切なライブラリをPATH に追加したら、次を設定して接続します。

  • Port:Oracle データベースをホスティングしているサーバーに接続する際のポート。
  • User:Oracle データベースへの認証のためのユーザーID。
  • Password:Oracle データベースへの認証のためのパスワード。
  • サービス名:Oracle データベースのサービス名。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930