Power BI Connector for SharePoint

Build 21.0.8136

CopyDocument

SharePointライブラリからドキュメントをコピーします。

Note: This procedure makes use of indexed parameters. These input parameters are denoted with a '#' character at the end of their names.

Indexed parameters facilitate providing multiple instances a single parameter as inputs for the procedure.

Suppose there is an input parameter named Param#. Input multiple instances of an indexed parameter like this:

EXEC ProcedureName Param#1 = "value1", Param#2 = "value2", Param#3 = "value3"

Input

Name Type Description
DocumentName String コピーされるドキュメントライブラリ内のドキュメントの名前。
DocumentLibrary String ドキュメントが現在保管されているドキュメントライブラリの名前。
NewDocumentLibrary String ドキュメントのコピー先のドキュメントライブラリの名前。
NewDocumentName String コピー後のドキュメントの新しい名前。空欄のままにすると、新しい名前はDocumentNameと同じになります。
MetadataName# String ドキュメントに設定されるメタデータフィールドの名前。
ReturnID String ドキュメントのリターンID。

Result Set Columns

Name Type Description
Result String 操作が成功したかどうかを示すBoolean値。
_dlc_DocId String ドキュメントID。
_dlc_DocIdUrl String ドキュメントID のURL。
Vti_author String ドキュメントの作成者。
Vti_etag String ドキュメントのETag。
ID String ドキュメントのID。
FileRef String ドキュメントのファイル参照。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8136