Power BI Connector for SharePoint

Build 21.0.8136

REST データモデル

CData Power BI Connector for SharePoint は、SharePoint エンティティをリレーショナルテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャにモデル化します。テーブル定義は、SharePoint サイトに基づいて 動的に取得されます。カスタムフィールドの追加や、フィールドのデータ型の変更などのあらゆる変更は、接続時に自動的に反映されます。

テーブル

テーブルでは、利用可能なテーブルを説明します。

SharePoint サイトのリストは、リレーショナルテーブルとして動的に公開されています。そのため、新しいリストやフィールドを加えるなどの変更をリスト内で行うと、ドライバーにも反映されます。

ビュー

ビューは変更ができないテーブルです。一般的に、読み取り専用のデータはビューとして表示されます。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャ は、データソースのファンクションライクなインターフェースです。情報の検索、更新、変更など、SharePoint API の追加機能を利用可能にします。

OData 標準の使用

REST API はOData に準拠しているため、サーバーサイドフィルタはOData 標準を使用して実行されます。そのためドライバーは、メタデータファイルを読み取ってどのフィルタがサーバーで実行できるかを決定することで、サーバーフィルタリングを最大限に活用します。

NOTE: "SELECT *" クエリを実行する際には、SharePoint REST API レスポンスは利用可能なすべてのフィールドを返すわけではありません。そこで、大量にnull 値が発生してしまうことを避けるためプロバイダーは、明示的に $select フィルタを使用しているカラムをすべて選択します。ただし、URL の長さに関するSharePoint REST API からのエラーを避けるため、$select フィルタの長さが1500以下である場合のみ、プロバイダーはこの操作を実行します。これはSharePoint REST API の制限であり、こうした場合にはいくつかのカラムの実際の値を見るには、クエリ内で明示的に選択する以外に方法はありません。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8136