Power BI Connector for SharePoint

Build 21.0.8136

Miscellaneous

This section provides a complete list of the Miscellaneous properties you can configure in the connection settings for this provider.


PropertyDescription
CalculatedDataType計算フィールドで使用されるデータ型。
ContinueOnErrorエラー後にバッチ内の項目の更新を続行するかどうかを示します。
CreateIDColumns他のリストに格納されている情報からの値を使っているSharePoint 列に補助的ID 列を作成するかしないかを示します。
DirectQueryLimitDirectQuery モードを使用する場合の行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
EnableForeignKeyDetectionODBC で外部キーを検出するかどうか。
FolderOption結果にフォルダを表示する方法を決定するオプション。FilesOnly、FilesAndFolders、Recursive、RecursiveAll のいずれかを入力します。
IncludeLookupColumnsこのオプションは、ドライバーがテーブルで定義されたルックアップ列を返すかどうかを設定します。
MaximumColumnSizeカラムの最大サイズ。
MaxRowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
PagesizeSharePoint から返されるページあたりの結果の最大数。
PseudoColumnsこのプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からSharePoint へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
ShowHiddenColumns非表示の列を表示するかどうかを決定するboolean。false の場合は、すべての非表示の列が列リストから削除されます。
ShowPredefinedColumns定義済みの列を表示するかどうかを決定するboolean。false の場合は、基本型から派生されたすべての列が列リストから削除されます。
ShowVersionViewsリストバージョンのビューを表示するかどうかを指定します。例:ListA_Versions など。
STSURLシングルサインオン(SSO)を使用する場合のセキュリティトークンサービス(STS)のURL。
SupportEnhancedSQLこのプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
UseDisplayNamesAPI 名の代わりに列の表示名を使用するかどうかを決定するBoolean。
UseNTLMV1ドライバーが、NTLMv1 かNTLMv2(デフォルト)のどちらで接続するかを決定します。
UseSimpleNamesテーブルとカラムに簡略名を使用するかどうかを決定するboolean。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8136