JDBC Driver for SharePoint

Build 21.0.8011

UploadDocument

SharePointライブラリにドキュメントをアップロードします。

Note: This procedure makes use of indexed parameters. These input parameters are denoted with a '#' character at the end of their names.

Indexed parameters facilitate providing multiple instances a single parameter as inputs for the procedure.

Suppose there is an input parameter named Param#. Input multiple instances of an indexed parameter like this:

EXEC ProcedureName Param#1 = "value1", Param#2 = "value2", Param#3 = "value3"

Input

Name Type Description
File String 追加されるファイルのパス。
FileContent String 追加されるファイルのBase64 エンコードされたコンテンツ。指定された場合は、'File' の入力値は無視されます。
Library String SharePointサーバー上のライブラリの名前。
Name String 新しいファイルに割り当てる名前。
ReturnID String 新しく作成されたレコードのID およびその他のメタデータフィールドを返すかどうかを示すBoolean 値。この値を取得するには、追加のAPI リクエストが必要です。

デフォルト値はfalseです。

MetadataName# String ドキュメントに設定されるメタデータフィールドの名前。
MetadataValue# String ドキュメントに設定されるメタデータフィールドの値。

Result Set Columns

Name Type Description
Result String ストアドプロシージャが成功したかどうかを示すBoolean値。
ID String ドキュメントの内部ID。
_dlc_DocId String ドキュメントID。
_dlc_DocIdUrl String ドキュメントID のURL。
Vti_author String ドキュメントの作成者。
Vti_etag String ドキュメントのETag。
FileRef String ドキュメントのファイル参照。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8011