JDBC Driver for SharePoint

Build 21.0.8137

DownloadAttachment

SharePoint リストからドキュメントをダウンロードします。

ストアドプロシージャ固有の情報

Insert

RemoteFile はサーバーに応じた相対URL にも、ファイルへの絶対URL にも設定できます。以下は例です。

EXECUTE DownloadAttachment File = 'C:/Users/User/Desktop/DownloadedFile.txt', RemoteFile = 'https://mysite.sharepoint.com/Lists/MyCustomList/Attachments/1/FileToDownload.txt';

EXECUTE DownloadAttachment File = 'C:/Users/User/Desktop/DownloadedFile.txt', RemoteFile = '/Lists/MyCustomList/Attachments/1/FileToDownload.txt';

Input

Name Type Description
File String 保存されるファイルのパス。
RemoteFile String サーバー上のファイルのパス。これには、完全URLまたは単にファイル名を指定することができます。ファイル名を使用した場合は、最新バージョンがダウンロードされます。
Encoding String The data will be output to FileData in the specified encoding.

使用できる値は次のとおりです。NONE, BASE64

デフォルト値はBASE64です。

Result Set Columns

Name Type Description
Result String 操作が成功したかどうかを示すBoolean値。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8137