JDBC Driver for SharePoint

Build 21.0.8011

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、SOAP データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData JDBC Driver for SharePoint ストアドプロシージャ

Name Description
AddAttachment Add an attachment into a sharepoint list.
CheckInDocument Check in specific document inside document library.
CheckOutDocument Check out specific document inside document library.
CopyDocument Copies the file to the destination URL..
CreateFolder Adds a folder to a document library on a SharePoint site.
DeleteAttachment Deletes an attachment from Sharepoint list.
DeleteDocument Delete a Document from the sharepoint document library.
DiscardCheckOutDocument Reverts an existing checkout for the file.
DownloadAttachment SharePoint リストからドキュメントをダウンロードします。
DownloadDocument SharePointライブラリからドキュメントをダウンロードします。
GetAdminConsentURL アプリケーションへのアクセスを許可するために、ドメイン管理者が個別に開く必要がある、管理者の同意のURL を取得します。カスタムOAuth 資格情報を使用している場合のみ必要です。
GetCurrentUser 現在ログインしているユーザーの情報を取得します。
GetOAuthAccessToken SharePoint からOAuth アクセストークンを取得します。
GetOAuthAuthorizationURL SharePoint の認可URL を取得します。Web ブラウザでアウトプットに返されたURL にアクセスします。これはSharePoint への接続文字列の一部として使われるアクセストークンを要求します。
RefreshOAuthAccessToken SharePoint との認証に使用されるOAuth アクセストークンをリフレッシュします。
UploadDocument Uploads a document into sharepoint library.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8011