JDBC Driver for SharePoint

Build 21.0.8137

OAuthVerifier

OAuth 認可URL から返された検証コード。

データ型

string

デフォルト値

""

解説

OAuth 認可URL から返された検証コード。これは、ヘッドレスシステムのようにブラウザを起動できないシステム上で使用できます。

ヘッドレスマシンでの認証

OAuthVerifier 値を取得するには、接続の確立 を参照してください。

OAuthVerifier に加えてOAuthSettingsLocation を設定します。接続すると、本製品 はOAuth 認証トークンのOAuthVerifier を交換し、暗号化して、指定されたファイルに保存します。 交換を自動化するには、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定します。

OAuth 設定ファイルが生成されたら、接続プロパティからOAuthVerifier を削除して OAuthSettingsLocation セットで接続できます。

OAuth トークン値を自動的にリフレッシュするには、 OAuthSettingsLocation を設定し、さらにInitiateOAuth をREFRESH に設定します。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8137