CData Python Connector for RSS

Build 20.0.7740

スキーマ生成

GenerateSchemaFiles プロパティを設定して、RSS およびATOM フィードにテーブル定義を生成することができます。このプロパティを使って、接続時、もしくはクエリ実行時にスキーマを生成することができます。URI をフィードURL に設定し、Format をフィードの形式(RSS またはATOM)に設定します。Location 接続プロパティを、生成スキーマを配置するフォルダに設定します。

または、CreateSchema ストアドプロシージャを呼び出すことがもできます。

EXEC CreateSchema TableName='MyFeed', URL='http://myservice/myfeed/'

スキーマは、テーブルのカラムを定義するシンプルなRSBScript コンフィギュレーション言語にて書かれています。カラムを追加、削除、または修正することで、変更を加えることができます。

カラムを追加する

テーブルカラムは、カラム名、データ型、エレメントパスを定義するrsb:info ブロックで定義されます。テーブルに新しいカラムを追加するには、rsb:info に属性を追加するだけです。次の値を設定する必要があります。
  • name:希望のカラム名。カラム名はフィードのエレメント名と一致する必要はありません。このマッピングは次の手順で定義します。
  • xs:type:適切なデータ型。本製品 は次のデータ型を許容します:int、double、datetime、time、string、long、boolean、およびdecimal。
  • key:このカラムが主キー(このレコードのみを選択するために使用できる一意の識別子)かどうか。
  • other:xPath:チャネルに相対的なエレメントへのパス。

カラムの削除

rsb:info からattr 項目を削除することで、リソースからカラムを削除することができます。これにより、テーブルには、このカラムはリストされなくなります。カラムの削除では、そのカラムのXML エレメント全体を削除する必要があります。

カラムの修正

attr のname 属性を変更することでカラムをリネームできます。また、xs:type 属性を次のサポートされた型のいずれかに変更することで、カラムのデータ型を編集することもできます:
  • string
  • datetime
  • boolean
  • int
  • long
  • double

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7740