CData Python Connector for RSS

Build 20.0.7740

接続の確立

The objects available within our connector are accessible from the "cdata.rss" module. In order to use the module's objects directly, the module must first be imported as below:

import cdata.rss as mod

From there, the connect() method can be called from the connector object to establish a connection using an appropriate connection string, such as the below:

mod.connect("URI=http://myservice/myfeed/;")

CData Python Connector for RSS は、RSS とAtom フィードへの接続、およびカスタム拡張機能付きフィードへの接続をサポートします。フィードに接続するには、URI プロパティを設定します。本製品 は、セキュアフィードへのアクセスもサポートしています。さまざまな認証メカニズムがサポートされています。詳しくは、接続プロパティを参照してください。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7740