ODBC Driver for LDAP

Build 23.0.8790

SELECT ステートメント

SELECT ステートメントは次の基本的な句で構成できます。

  • SELECT
  • INTO
  • FROM
  • JOIN
  • WHERE
  • GROUP BY
  • HAVING
  • UNION
  • ORDER BY
  • LIMIT

SELECT 構文

次の構文ダイアグラムは、本製品 のSQL エンジンでサポートされている構文の概要を示します。

SELECT {
  [ TOP <numeric_literal> | DISTINCT ]
  { 
    * 
    | { 
        <expression> [ [ AS ] <column_reference> ] 
        | { <table_name> | <correlation_name> } .* 
      } [ , ... ] 
  }
  [ INTO csv:// [ filename= ] <file_path> [ ;delimiter=tab ] ]
  { 
    FROM <table_reference> [ [ AS ] <identifier> ] 
  } [ , ... ]
  [ [  
      INNER | { { LEFT | RIGHT | FULL } [ OUTER ] } 
    ] JOIN <table_reference> [ ON <search_condition> ] [ [ AS ] <identifier> ] 
  ] [ ... ] 
  [ WHERE <search_condition> ]
  [ GROUP BY <column_reference> [ , ... ]
  [ HAVING <search_condition> ]
  [ UNION [ ALL ] <select_statement> ]
  [ 
    ORDER BY 
    <column_reference> [ ASC | DESC ] [ NULLS FIRST | NULLS LAST ]
  ]
  [ 
    LIMIT <expression>
    [ 
      { OFFSET | , }
      <expression> 
    ]
  ] 
} | SCOPE_IDENTITY() 

<expression> ::=
  | <column_reference>
  | @ <parameter> 
  | ?
  | COUNT( * | { [ DISTINCT ] <expression> } )
  | { AVG | MAX | MIN | SUM | COUNT } ( <expression> ) 
  | NULLIF ( <expression> , <expression> ) 
  | COALESCE ( <expression> , ... ) 
  | CASE <expression>
      WHEN { <expression> | <search_condition> } THEN { <expression> | NULL } [ ... ]
    [ ELSE { <expression> | NULL } ]
    END 
  | {RANK() | DENSE_RANK()} OVER ([PARTITION BY <column_reference>] {ORDER BY <column_reference>})
  | <literal>
  | <sql_function> 

<search_condition> ::= 
  {
    <expression> { = | > | < | >= | <= | <> | != | LIKE | NOT LIKE | IN | NOT IN | IS NULL | IS NOT NULL | AND | OR | CONTAINS | BETWEEN } [ <expression> ]
  } [ { AND | OR } ... ] 

サンプル

  1. すべてのカラムを返す:
    SELECT * FROM User
  2. カラムをリネームする:
    SELECT [CN] AS MY_CN FROM User
  3. カラムのデータを別のデータ型としてキャストする:
    SELECT CAST(AnnualRevenue AS VARCHAR) AS Str_AnnualRevenue FROM User
  4. データを検索する:
    SELECT * FROM User WHERE CN = 'Administrator'
  5. クエリ条件に一致するアイテムの数を返す:
    SELECT COUNT(*) AS MyCount FROM User 
  6. クエリ条件に一致する一意のアイテムの数を返す:
    SELECT COUNT(DISTINCT CN) FROM User 
  7. クエリ条件に一致する一意のアイテムを返す:
    SELECT DISTINCT CN FROM User 
  8. 昇順で結果をソートする:
    SELECT Id, CN FROM User  ORDER BY CN ASC
  9. 指定した行数に結果を制限する:
    SELECT Id, CN FROM User LIMIT 10 
  10. 実行時にインプットに渡すためクエリをパラメータ化する。これにより、prepared statement を作成しSQL インジェクション攻撃を鎮めることができます:
    SELECT * FROM User WHERE CN = @param
オフラインモードでSELECT ステートメントを使う方法については、明示的なデータのキャッシュ を参照してください。

疑似カラム

SELECT ステートメントで入力専用フィールドを使用できます。これらのフィールド(疑似カラム)は、結果には 通常のカラムとして表示されることはありませんが、WHERE 句の一部として指定できます。疑似カラムを使用して、LDAP から追加機能にアクセスできます。

    SELECT * FROM User WHERE Scope = 'SINGLELEVEL'
    

集計関数

集計関数を使用したSELECT の例については集計関数 を参照してください。

JOIN クエリ

JOIN を使用したSELECT クエリの例についてはJOIN クエリ を参照してください。

日付リテラル関数

日付リテラル関数 には、日付リテラル関数を使用したSELECT 例が含まれています。

Window 関数

Window 関数を含むSELECT 例については、Window 関数 を参照してください。

テーブル値関数

テーブル値関数を使用したSELECT 例については、テーブル値関数 を参照してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8790