ODBC Driver for LDAP

Build 23.0.8790

Linux DSN の構成

このセクションでは、以下のいくつかのLinux ディストリビューションでODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を説明します:Ubuntu のようなDebian ベースのシステム、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、およびFedora のようなRed Hat Linux プラットフォーム。

Linux の最小バージョン

Red Hat ベースおよびDebian ベースシステムでサポートされる最小バージョンは以下のとおりです。

OSMin. Version
Ubuntu11.04
Debian7
RHEL6.9
CentOS6.9
Fedora13
SUSE12.1

ドライバー依存関係のインストール

必要な依存関係をインストールするには、次のコマンドをルートとしてまたはsudo で実行します。

  • Debian/Ubuntu:
    apt-get install libc6 libstdc++6 zlib1g libgcc1
  • RHEL/CentOS/Fedora:
    yum install glibc libstdc++ zlib libgcc

本製品 が必要とする対応ライブラリは以下のとおりです。

Debian/Ubuntu PackageRHEL/CentOS/Fedora PackageFile
libc6glibclinux-vdso.1
libc6glibclibm.so.6
libc6glibclibrt.so.1
libc6glibclibdl.so.2
libc6glibclibpthread.so.0
libc6glibclibc.so.6
libc6glibcld-linux-x86-64.so.2
libstdc++6libstdc++libstdc++.so.6
zlib1gzliblibz.so.1
libgcc1libgcclibgcc_s.so.1

ドライバーのインストール

標準のパッケージ管理システムを使用してドライバーをインストールできます。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

dpkg -i /path/to/driver/setup/LDAPODBCDriverforUnix.deb 

RPM パッケージ形式をサポートするシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

rpm -ivh /path/to/driver/LDAPODBCDriverforUnix.rpm 

ドライバーのライセンス

次のコマンドを実行して本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd /opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-ldap/bin/
sudo ./install-license.sh <key>

ドライバーマネージャー経由の接続

ドライバーマネージャーはドライバーをロードし、アプリケーションからドライバーに関数呼び出しを渡します。本製品 をドライバーマネージャーに登録して、ドライバーマネージャーのコンフィギュレーションファイルにDSN を定義する必要があります。

本製品 のインストールでは、本製品 をunixODBC ドライバーマネージャーに登録し、システムDSN を作成します。UnixODBC ドライバーマネージャーは、Python やその他多くのアプリケーションから使用できます。アプリケーションに別のドライバーマネージャーが組み込まれている可能性があります。

DSN の作成

unixODBC をインストールしてDSN を設定するには、unixODBC の使用 を参照してください。OBIEE、Informatica、およびSAS に接続するDSN を作成するには、DataDirect ドライバーマネージャーの使用 を参照してください。

LDAP への接続

CData driver for LDAP は、LDAP サーバーオブジェクトへの接続をサポートします。接続するには必要なプロパティを設定します。

必須プロパティ

  • Server:LDAP サーバーのドメイン名、もしくはIP。
  • Port:The port setting defaults to port=389.Specifying the port to a different setting is optional.
  • BaseDN:このプロパティは、結果を指定されたサブツリーに限定するために使用されます。BaseDN(Base Distinguished Name)の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、cn=users,dc=domain の値は、cn=users およびその子に含まれる結果のみを返します。

オプションのプロパティ

Optional properties can be used to further refine control of the returned results.

  • FollowReferrals:This property follows referrals when TRUE.The returned response then becomes read only.To modify data returned by a referral server, open a new connection to the server by specifying server and port.
  • Scope:This property enables more control over the search depth of the LDAP tree, starting with BaseDN.範囲を限定することで、検索パフォーマンスを大幅に向上させられます。Scope を次の値のいずれかに指定します:
    • WholeSubtree:検索の範囲を、BaseDN およびすべての子階層に制限します。
    • SingleLevel:検索の範囲を、BaseDN および1つ下の子階層に制限します。
    • BaseObject:検索の範囲を、ベースオブジェクトのみに制限します。
  • LDAPVersion:サーバーに接続し、通信する際に使われるLDAP バージョン。2 に設定します。

LDAP への認証

リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャルに設定します。例えば、UserDomain\\BobF またはcn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain に設定します。

The AuthMechanism properties for the 本製品 are as follows:

  • SIMPLE:The default plaintext value of the authentication mechanism to login to the server.
  • DIGESTMD5:Authenticates to the LDAP server using DIGESTMD5 authentication.
  • NEGOTIATE:Negotiates whether to use NTLN or Kerberos when authenticating to the server.

SSL Configuration

By default, the driver uses plaintext when communicating with the server set to port=389. The driver automatically switches to use SSL when talking to the LDAP on port=636. You can force the connection to use the SSL connection property when set to SSL=TRUE.

テーブルのカスタマイズ

本製品 は、LDAP エンティティから最も頻繁に必要とされるカラムを表示します。ただし、その他のデータを使用する必要がある場合は、テーブルを簡単に変更できます。テーブルは、シンプルな形式のスキーマファイルで定義されます。

デフォルトのスキーマを拡張する方法や独自のスキーマを記述する方法については、LDAP テーブルとの連携 を参照してください。カスタムスキーマを使用するには、Location プロパティをスキーマファイルを有するフォルダに設定します。テーブルおよびビューについて詳しくは、サンプルデータモデル を参照してください。

ドライバーエンコーディングの設定

ODBC ドライバーは、ODBC ドライバーマネージャーで使用するエンコーディングを指定する必要があります。デフォルトでは、Unix 用のCData ODBC ドライバーはunixODBC と互換性のあるUTF-16 を使用するように設定されていますが、他のドライバーマネージャーでは代替エンコーディングが必要な場合があります。

また、ANSI ODBC API を使用するアプリケーションからODBC ドライバーを使用している場合は、ANSI コードページを設定する必要があります。例えば、ANSI アプリケーションに日本語の文字をインポートするには、設定ファイル'/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-ldap/lib/cdata.odbc.ldap.ini' でコードページを指定できます。

[Driver]
AnsiCodePage = 932

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8790