CData Python Connector for LDAP

Build 20.0.7745

ストアドプロシージャの呼び出し

カーソルオブジェクトのexecute() メソッドまたはcallproc() メソッドのいずれかを使用して、ストアドプロシージャを実行できます。

execute メソッドを使用したストアドプロシージャの呼び出し

ストアドプロシージャはEXECUTE コマンドを発行することで呼び出されます。ストアドプロシージャのパラメータは、以下の例のようにパラメータ化されています。

import cdata.ldap as mod
conn = mod.connect("user=MyUserName;password=MyPassword;Server=MyServer;Port=MyPort;")
cur = conn.cursor()
cmd = "EXECUTE ChangePassword NewPassword = ?"
params = ("myNewPassword", )
cur.execute(cmd, params)
rs = cur.fetchall()
for row in rs:
	print(row)

callproc メソッドを使用したストアドプロシージャの呼び出し

"execute()" を使用する代わりに、callproc() メソッドを使用してプロシージャを実行することもできます。このメソッドは、プロシージャ名とパラメータのリストを引数として受け取ります。

import cdata.ldap as mod
conn = mod.connect("user=MyUserName;password=MyPassword;Server=MyServer;Port=MyPort;")
cur = conn.cursor()
params = ("myNewPassword", )
cur.callproc("ChangePassword", params)
rs = cur.fetchall()
for row in rs:
	print(row)

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745