CData Python Connector for LDAP

Build 20.0.7745

テーブル

本製品 はLDAP のデータを、標準のSQL ステートメントを使用してクエリできるテーブルのリストにモデル化します。

一般的には、LDAP テーブルのクエリは、リレーショナルデータベースのテーブルのクエリと同じです。時には特別なケースもあります。例えば、テーブルの特定のカラムデータを取得するために特定のカラムをWHERE 句に含める必要がある場合などです。これは通常、特定のカラムを取得するために行ごとに個別のリクエストを行う必要がある場合に必要です。これらの特別な状況は、以下にリンクされているテーブルページの上部に明確に文書化されています。

CData Python Connector for LDAP テーブル

Name Description
Group Stores a list of user names. Used to apply security principals on resources.
OrganizationalPerson This class is used for objects that contain organizational information about a user, such as the employee number, department, manager, title, office address, and so on.
Person Contains personal information about a user.
Top The top level class from which all classes are derived.
User This class is used to store information about an employee or contractor who works for an organization. It is also possible to apply this class to long term visitors.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745