ODBC Driver for LDAP

Build 20.0.7654

macOS DSN の構成

このセクションでは、macOS でODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を示します:

macOS の最小バージョン

CData ODBC Driver for LDAP 本製品 にはmacOS Sierra (10.12) 以上が必要です。

ドライバーのライセンス

端末で次のコマンドを実行して、本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for LDAP/bin"
sudo ./install-license <key>

名前とパスワードを入力するよう求められます。これらは、あなたの名前とマシンのパスワードを指します。

ドライバーマネージャー経由の接続

macOS では、CData ODBC Driver for LDAP はFilemaker Pro、Microsoft Excel、Tableau のような他の多くの製品と同様に、iODBC ドライバーマネージャー用にあらかじめ設定されています。iODBC の最新バージョンは、iODBC サイトで入手できます。

ドライバーのインストールでは、iODBC にドライバーを登録しシステムDSN を作成します。これは、ODBC 接続をサポートするあらゆるツールやアプリケーションで使用できます。

ドライバーマネージャーはドライバーをロードし、アプリケーションからドライバーに関数呼び出しを渡します。ドライバーをドライバーマネージャーに登録して、DSN をドライバーマネージャーのコンフィギュレーションファイルに定義する必要があります。

DSN の設定

DSN の設定には、iODBC と同時にインストールされたGUI のiODBC アドミニストレータ64-bit を使用できます。ODBC マネージャーは、ODBC ドライバーのビット数と一致している必要があります。最新のCData ODBC Driver for LDAP のバージョンは64-bit のみです。また、iODBC コンフィギュレーションファイルを編集することもできます。

ユーザーDSN またはシステムDSN を構成できます。ユーザーデータソースは、ユーザーアカウントに制限されています。システムデータソースは、すべてのユーザーがアクセスできます。

iODBC アドミニストレータでのDSN の設定

Launchpad からiODBC アドミニストレータ64-bit を起動することで、ユーザーDSN を作成できます。

ドライバーによってインストールされたシステムDSN を変更する、またはシステムDSN を作成するには、iODBC アドミニストレータ64-bit を昇格権限で起動します。それには、次のコマンドをターミナルに入力します。

sudo /Applications/iODBC/iODBC\ Administrator64.app/Contents/MacOS/iODBC\ Administrator64
iODBC アドミニストレータ64-bit を起動すると、CData LDAP Source がSystem タブにリストされます。 DSN を選んで[設定]ボタンをクリックし、接続プロパティを名前と値のペアで設定します。

自分でDSN を作成するには、代わりに[User]か[System]タブで[Add]をクリックし、CData ODBC Driver for LDAP オプションを選択します。

LDAP への認証

リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。

本製品 は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品 がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。

TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、高度な設定 を参照してください。

LDAP への接続

基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。

  • FollowReferrals:設定すると、本製品 は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
  • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品 はversion 2 を使用します。

データアクセスのファインチューニング

次のプロパティは、返されるデータのスコープを制御します。

  • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
  • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

テーブルのカスタマイズ

本製品 は、LDAP エンティティから最も頻繁に必要とされるカラムを表示します。ただし、その他のデータを使用する必要がある場合は、テーブルを簡単に変更できます。テーブルは、シンプルな形式のスキーマファイルで定義されます。

デフォルトのスキーマを拡張する方法や独自のスキーマを記述する方法については、LDAP テーブルへの接続 を参照してください。カスタムスキーマを使用するには、Location プロパティをスキーマファイルを有するフォルダに設定します。

iODBC INI ファイルでのDSN の設定

odbc.ini でDSN を設定します。ODBC ドライバーをodbcinst.ini に登録します。

odbc.ini

ODBC データソースを、odbc.ini ファイルのセクションに定義します。ユーザーデータソースにアクセスできるのは、odbc.ini ファイルがホームフォルダに格納されているユーザーアカウントだけです。システムデータソースは、すべてのユーザーがアクセスできます。

PrivilegesPath
User/Users/myuser/Library/ODBC/odbc.ini
System/Library/ODBC/odbc.ini

iODBC のシステム全体の設定を変更するには、権限を上げる必要があります。そのためには、root またはsudo コマンドを使用できます。次に例を示します。

sudo nano /Library/ODBC/odbc.ini

データソースへの接続に必要な接続プロパティに加えて、Driver プロパティでodbcinst.ini ファイルのドライバー定義またはドライバーライブラリへのパスを指定します。

[CData LDAP Source]
Driver = CData ODBC Driver for LDAP
user=MyUserName
password=MyPassword
Server=MyServer
Port=MyPort

さらに、ODBC データソースセクション内で、DSN をodbcinst.ini ファイルで定義されたドライバーに設定する必要があります。例えば、ドライバーのインストール時に作成されるDSN のエントリーは次のとおりです。

[ODBC Data Sources]
CData LDAP Source = CData ODBC Driver for LDAP

odbcinst.ini

パスを本製品 ライブラリに変更する場合は、インストールされたドライバー定義を変更する必要があります。

ODBC ドライバーを登録するには、odbcinst.ini ファイルを変更します。iODBC では、ドライバーは一つのユーザーアカウントでのみ、またはシステム全体で利用可能です。

PrivilegesPath
User/Users/myuser/Library/ODBC/odbcinst.ini
System/Library/ODBC/odbcinst.ini

ドライバーは、odbcinst.ini ファイルのセクションに定義されます。セクション名はドライバーの名前を指定します。このセクションでは、Driver プロパティはドライバーライブラリへのパスを指定します。ドライバーライブラリは、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダにある.dylib ファイルです。デフォルトでは、/Applications/CData ODBC Driver for LDAP 内に格納されます。

[CData ODBC Driver for LDAP]
Driver = /Applications/CData ODBC Driver for LDAP/lib/libldapodbc.dylib

ODBC ドライバーセクションには、ドライバー名が "Installed" に設定されたプロパティも含まれている必要があります。次に例を示します。

[ODBC Drivers]
CData ODBC Driver for LDAP = Installed

接続のテスト

ほとんどのiODBC インストールで利用可能なiODBC デモを使って、LDAP に接続しSQL クエリを実行できます。

iODBC デモ

iODBC デモから接続するには次の手順を実行してください。

  • Launchpad を開き"iODBC" を検索します。
  • ANSI ODBC API のみが使用可能なアプリケーションからLDAP に接続する場合は、iODBC Demo Ansi をクリックします。それ以外の場合は、iODBC Demo Unicode をクリックします。
  • [Environment]メニューで[Open Connection]をクリックします。
  • 対応するタブでDSN を選択し、接続をテストします。
これで、SQL メニューで[Execute SQL]をクリックすることで&service; にSQL ステートメントを実行できます。

ドライバーエンコーディングの設定

ODBC ドライバーは、ODBC ドライバーマネージャーで使用するエンコーディングを指定する必要があります。デフォルトでは、Mac 用のCData ODBC ドライバーはiODBC と互換性のあるUTF-32 を使用するように設定されていますが、他のドライバーマネージャーでは代替エンコーディングが必要な場合があります。

また、ANSI ODBC API を使用するアプリケーションからODBC ドライバーを使用している場合は、ANSI コードページを設定する必要があります。例えば、ANSI アプリケーションに日本語の文字をインポートするには、設定ファイル'/Applications/CData ODBC Driver for LDAP/lib/cdata.odbc.ldap.ini' でコードページを指定できます。

[Driver]
AnsiCodePage = 932

ドライバーのアンインストール

ドライバーをアンインストールする最も簡単な方法は、ターミナルを開いて、インストールディレクトリにあるuninstall.sh スクリプトを実行します。次に例を示します。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for LDAP"
sudo ./uninstall.sh

Note:このスクリプトはインストールディレクトリから実行される必要があります。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654