ODBC Driver for LDAP

Build 20.0.7654

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

LDAP への認証

リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。

本製品 は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品 がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。

TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、高度な設定 を参照してください。

LDAP への接続

基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。

  • FollowReferrals:設定すると、本製品 は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
  • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品 はversion 2 を使用します。

データアクセスのファインチューニング

次のプロパティは、返されるデータのスコープを制御します。

  • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
  • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

テーブルのカスタマイズ

本製品 は、LDAP エンティティから最も頻繁に必要とされるカラムを表示します。ただし、その他のデータを使用する必要がある場合は、テーブルを簡単に変更できます。テーブルは、シンプルな形式のスキーマファイルで定義されます。

デフォルトのスキーマを拡張する方法や独自のスキーマを記述する方法については、LDAP テーブルへの接続 を参照してください。カスタムスキーマを使用するには、Location プロパティをスキーマファイルを有するフォルダに設定します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654