ODBC Driver for LDAP

Build 20.0.7654

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、サンプルデータモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData ODBC Driver for LDAP ストアドプロシージャ

Name Description
ChangePassword Changes the password of the current user, provided the current password is known. To set the password without a current password (requires an administrator), use ResetPassword. Note that the User set in the connection settings must be a valid DN. Additionally, you must be connected to the server using SSL.
CreateTableFromSchema Converts an LDAP RFC 2242 compliant schema into a table.
GetAttributes Returns all the attribute names and values of the specified DN.
MoveToDN Moves objects from one DN to another one.
ResetPassword Resets the password of a specific user specified by DN. Use ChangePassword instead if the current password is to be authenticated first. Note that the User set in the connection settings or the AdminUser, if set when calling this procedure, must be a valid DN. Additionally, you must be connected to the server using SSL.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654