Tableau Connector for Salesforce

Build 23.0.8770

接続の設定

コネクタのインストール 後、Salesforce 内のデータのデータソースに接続して作成できます。

データソースの設定

データに接続するには、次の手順を実行してください:

  1. 接続 | To a Server詳細をクリックします。
  2. Salesforce by CData というデータソースを選択します。
  3. 接続に必要な情報を入力します。
  4. サインインをクリックします。
  5. 必要に応じて、データベースおよびスキーマを選択して利用可能なテーブルとビューを確認できます。

Connection Builder の使用

connector は、代表的な接続プロパティをTableau 内で直接利用できるようにします。 しかし、より高度な設定が必要な場合や接続に関するトラブルシューティングが必要な場合には、使いにくいことがあります。 connector には、Tableau の外で接続を作成してテストできる、独立したConnection Builder が付属しています。

Connection Builder にアクセスする方法は2つあります。

  • Windows では、スタートメニューのCData Tableau Connector for Salesforce フォルダの下にあるConnection Builder というショートカットを使用します。
  • また、ドライバーのインストールディレクトリに移動し、lib ディレクトリで.jar ファイルを実行することによってもConnection Builder を開始できます。

Connection Builder では、接続プロパティに値を設定し、接続テストをクリックしてその動作を確認できます。 また、クリップボードにコピーボタンを使用して、接続文字列をコピーすることもできます。 この接続文字列は、Tableau 内のconnector 接続ウィンドウにあるConnection String オプションに指定できます。

Salesforce への接続

デフォルトでは、connector は本番環境に接続します。Salesforce sandbox アカウントを使用するには、UseSandboxtrue に設定します。ユーザー / パスワード認証を使用している場合は、User にsandbox のユーザー名を指定してください。

Salesforce への認証

ユーザー資格情報およびセキュリティトークン

AuthSchemeBasic に設定し、UserPassword をログイン資格情報に設定します。さらにSecurityToken を設定します。デフォルトではSecurityToken が必要ですが、Salesforce で信頼できるIP アドレスの範囲を設定することで、オプションにすることができます。

セキュリティトークンを無効にするには:

  1. Salesforce にログインして、[設定]セクションの[Quick Find]ボックスにNetwork Access を入力します。
  2. IP アドレスを信頼できるIP アドレスのリストに追加します。

セキュリティトークンを取得するには:

  1. Salesforce.com の[私の設定]->[個人用]->[私のセキュリティトークンのリセット]を開きます。
  2. [セキュリティトークンのリセット]をクリックします。トークンがE メールで送られます。
  3. SecurityToken 接続プロパティでセキュリティトークンを入力するか、Password に追加します。

OAuth

AuthScheme は、すべてのユーザーアカウントフローでOAuth に設定する必要があります。

デスクトップアプリケーション

CData は、OAuth デスクトップ認証を簡略化する埋め込みOAuth アプリケーションを提供します。代わりに、カスタムアプリケーションを作成することも可能です。カスタムアプリケーションの作成およびその理由については、カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。

認証に関する2つの方法の違いは、カスタムOAuth アプリケーションを使用する場合に、2つの接続プロパティを追加で設定する必要があることだけです。

次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使えば、繰り返しOAuth の交換を行ったり、手動でOAuthAccessToken を設定する必要はなくなります。
  • OAuthClientId:(カスタムアプリケーションのみ)アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:(カスタムアプリケーションのみ)アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。

接続すると、connector はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。以下のようにconnector がOAuth プロセスを完了します。

  • コールバックURL からアクセストークンを取得します。
  • 古いトークンの期限が切れたときは、新しいアクセストークンを取得します。
  • OAuthSettingsLocation にOAuth 値を保存し、接続間で永続化します。

OAuth パスワードグラント

次の手順に従いパスワードグラントオプションを設定します。

  1. パスワードグラント種別で認証を行う場合は、AuthSchemeOAuthPassword に設定します。
  2. 上記のWeb またはデスクトップ認証セクションで指定されたすべてのプロパティを設定します。
  3. UserPassword をログイン資格情報に設定し、必要に応じてSecurityToken も設定します。

Note:セッションの設定 -> ログイン時のIP アドレスとセッションをロックするを有効にしている場合、connector の使用中にIP アドレスが変更されないことを確認してください。connector 使用中にIP が変更された場合、Salesforce から"INVALID_SESSION_ID" エラーが返され、connector はデータを取得できなくなります。このエラーが表示された場合は、Salesforce 管理者にこの設定を無効にするよう依頼するか、connector を使用するインスタンスに固定IP を必ず設定してください。その後、接続をリセットしてconnector を使い続けます。

OAuthJWT 証明書

AuthSchemeOAuthJWT に設定します。

OAuthJWT

OAuthJWT コンシューマーキーを取得するには:

  1. Salesforce.com にログインします。
  2. [設定]で[クイック検索]ボックスにApps を入力し、リンクをクリックしてアプリを作成します。表示されたページの[接続アプリケーション]セクションで、[新規]をクリックします。
  3. ユーザーがアプリケーションにログイン認証をする際に表示されるアプリケーション名を入力します。連絡先E メールアドレスも入力します。
  4. [OAuth 設定の有効化]をクリックし、コールバックURL ボックスに値を入力します。この値は必要に応じて接続アプリケーションを作成する場合にのみ設定します。この種類の認証には、実際には必要ありません。 Callback URL は次の形式になります:
    http://localhost:8019/src/oauthCallback.rst
  5. [デジタル署名を使用]を有効にします。
  6. 証明書をアップロードします。
  7. アプリがユーザーに要求するアクセス許可の範囲を選択します。
  8. アプリケーション名をクリックしてアプリケーションの情報ページを開きます。OAuth コンシューマーキーが表示されます。

OAuth アプリケーション作成後、次の接続プロパティを設定します。

  • AuthScheme:OAuthJWT に設定。
  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCert:JWT 証明書ストアに設定。
  • OAuthJWTCertType:OAuthJWTCert で指定された証明書ストアのタイプに設定。
  • OAuthJWTCertPassword:JWT 証明書ストアのパスワードに設定。
  • OAuthJWTIssuer:OAuth クライアントID に設定。
  • OAuthJWTSubject:OAuth 接続アプリケーションで設定した許可されたユーザープロファイルのユーザー名(E メールアドレス)に設定。

Note: このフローではリフレッシュトークンは発行されません。

AzureAD

AuthSchemeAzureAD に設定します。 AzureAD に接続するには、次の接続プロパティを使用します。

  • SSOExchangeUrl:ID プロバイダーのSalesforce OAuth 2.0トークンエンドポイント。これは、Salesforce のアカウント設定で[管理者設定]->[セキュリティのコントロール]->[シングルサインオン設定]に移動し、目的の組織を選択することで確認できます。

この構成には、2つのAAD アプリケーションが必要であることに注意してください:シングルサインオンに使用される"Salesforce" アプリケーションと、"Salesforce" アプリケーションに対するuser_impersonation 権限を持つ別の"コネクタ" アプリケーションです。 OAuth 接続プロパティも指定する必要があります。

  • OAuthClientId:アプリ登録の概要セクションにリストされている、コネクタアプリケーションのアプリケーションId。
  • OAuthClientSecret:コネクタアプリケーションのクライアントシークレット値。新しいクライアントシークレットを作成すると、Azure AD にこれが表示されます。

以下のSSOProperties を使用して、AzureAD へ認証します。

  • Resource:アプリ登録の概要セクションにリストされている、Salesforce アプリケーションのアプリケーションId URI。ほとんどの場合、これはカスタムSalesforce ドメインのURL です。
  • AzureTenant:アプリケーションが登録されているAzure AD テナントのId。

次は接続文字列の例です。

AuthScheme=AzureAD;InitiateOAuth=GETANDREFRESH;OAuthClientId=3ea1c786-d527-4399-8c3b-2e3696ae4b48;OauthClientSecret=xxx;SSOProperties='Resource=https://example.my.salesforce.com;AzureTenant=6ee709df-9de0-4cdf-10e6b7a51d95';

Okta

AuthSchemeOkta に設定します。Okta に接続するには、次の接続プロパティを使用します。

  • User:Okta ユーザーに設定。
  • Password:ユーザーのOkta パスワードに設定。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーが使用するログインURL に設定。
  • SSOExchangeUrl:ID プロバイダーのSalesforce OAuth 2.0トークンエンドポイント。これは、Salesforce のアカウント設定で[管理者設定]->[セキュリティのコントロール]->[シングルサインオン設定]に移動し、目的の組織を選択することで確認できます。
SSOProperties で、必要に応じて以下の入力パラメータを設定します。
  • APIToken(オプション):顧客がOkta org から作成したAPI Token に設定。Okta クライアントリクエストコンテキストをオーバーライドする、信頼されたアプリケーションまたはプロキシ経由でユーザーを認証する場合には、これを使用する必要があります。
  • MFAType(オプション):MFA フローを設定した場合にのみ設定。現時点では、次のタイプのみをサポートしています:OktaVerify、Email、およびSMS。
  • MFAPassCode(オプション):MFA フローを設定した場合にのみ設定。 空 / 無効に設定されている場合、ドライバーは最初にMFA チャレンジを発行し、設定されたMFA タイプに基づいてプラットフォームがデバイスまたはE メールでワンタイムパスワードを送信するようにトリガーします。 取得したワンタイムパスワードの値をMFAPassCode 接続プロパティに渡す別の接続を再発行する必要があります。

次は接続文字列の例です。

AuthScheme=PingFederate;User=PingFederateUserName;Password=PingFederatePassword;URL='http://sharepointserver/mysite';

OneLogin

AuthSchemeOneLogin に設定します。OneLogin に接続するには、次の接続プロパティを使用します。

  • User:OneLogin ユーザーに設定。
  • Password:ユーザーのOneLogin パスワードに設定。
  • SSOExchangeUrl:ID プロバイダーのSalesforce OAuth 2.0トークンエンドポイント。これは、Salesforce のアカウント設定で[管理者設定]->[セキュリティのコントロール]->[シングルサインオン設定]に移動し、目的の組織を選択することで確認できます。
OneLogin へ認証するには、以下のSSOProperties が必要です。

  • OAuthClientId:[Developers]->[API Credentials]->[Credential]->[ClientId]を選択して取得できるOAuthClientId に設定。
  • OAuthClientSecret:[Developers]->[API Credentials]->[Credential]->[ClientSecret]を選択して取得できるOAuthClientSecret に設定。
  • Subdomain:SSO アプリにアクセスするOneLogin ユーザーのサブドメインに設定。例えば、OneLogin URL がsplinkly.onelogin.com の場合、サブドメインの値としてsplinkly を入力します。
  • AppId:SSO アプリのId に設定。
  • リージョン(オプション):OneLogin アカウントで使用しているリージョンに設定。OneLogin API は複数のリージョンで動作し、このプロパティは正しいドメインを見つけるために使用されます。次の値の1つを取ります。
    • US(デフォルト)
    • EU

次は接続文字列の例です。

AuthScheme=OneLogin;User=OneLoginUserName;Password=OneLoginPassword;SSOProperties='OAuthClientID=3fc8394584f153ce3b7924d9cd4f686443a52b;OAuthClientSecret=ca9257fd5cc3277abb5818cea28c06fe9b3b285d73d06;Subdomain=OneLoginSubDomain;AppId=1433920';

PingFederate

AuthSchemePingFederate に設定します。次の接続プロパティを設定する必要があります。

  • User:PingFederate ユーザーに設定。
  • Password:ユーザーのPingFederate パスワードに設定。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーが使用するログインURL に設定。
  • SSOExchangeUrl: ID プロバイダーのSalesforce OAuth 2.0トークンエンドポイント。これは、Salesforce のアカウント設定で[管理者設定]->[セキュリティのコントロール]->[シングルサインオン設定]に移動し、目的の組織を選択することで確認できます。
SSOProperties のうちPingFederate への認証には以下があります。

  • AuthScheme(オプション):IdP エンドポイントに使われる認可スキーム。IdP にはNone またはBasic が使用可能です。
追加で次のSSOPropertiesを使って、SSOLoginURL 用の相互SSL 認証(WS-Trust STS エンドポイント)の設定が可能です。
  • SSLClientCert
  • SSLClientCertType
  • SSLClientCertSubject
  • SSLClientCertPassword
以下は接続文字列の例です。
AuthScheme=PingFederate;User=pingFederateUser;Password=pingFederatePassword;SSOLoginURL='https://<authority>/idp/sts.wst';SSOExchangeUrl='https://domain.my.salesforce.com/services/oauth2/token?so=00D3000006JDF';

ADFS

AuthSchemeADFS に設定します。次の接続プロパティを設定する必要があります。

  • User:ADFS ユーザーに設定。
  • Password:ユーザーのADFS パスワードに設定。
  • SSOLoginURL:SSO プロバイダーが使用するログインURL に設定。
  • SSOExchangeUrl:ID プロバイダーのSalesforce OAuth 2.0トークンエンドポイント。これは、Salesforce のアカウント設定で[管理者設定]->[セキュリティのコントロール]->[シングルサインオン設定]に移動し、目的の組織を選択することで確認できます。

ADFS へ認証するには、以下のSSOProperties が必要です。

  • RelyingParty:この属性は、Salesforce のADFS サーバー上のRelying Party Identifier の値です。
以下は接続文字列の例です。
AuthScheme=ADFS;User=username;Password=password;SSOLoginURL='https://sts.company.com';SSOProperties='RelyingParty=https://saml.salesforce.com';

ADFS 統合

ADFS 統合フローでは、現在ログインしているWindows ユーザーの資格情報で接続します。 ADFS 統合フローを使用するには、User およびPassword を指定せず、それ以外の設定は上記のADFS ガイドと同じ手順を実行してください。

次のステップ

データビジュアライゼーションを作成するには、コネクタの使用 を参照してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770