JDBC Driver for Salesforce

Build 20.0.7655

Undelete

削除されたレコードを Salesforce のごみ箱から復元します。

プロシージャ固有の情報

Salesforce のごみ箱からオブジェクトを復元するには、以下の例のいずれかを使用する必要があります。

1. 削除されたレコードのId を指定。


Execute Undelete Id='1'

2. 削除されたレコードのId のリストを指定。


Insert into Account#temp (ID) VALUES (1)
Insert into Account#temp (ID) VALUES (2)
Insert into Account#temp (ID) VALUES (3)

Execute Undelete Id='Account#temp'

3. XML 形式のId のリストを指定。


Execute Undelete XML = '<undelete xmlns="urn:enterprise.soap.sforce.com"> <ids>1</ids> <ids>2</ids> <ids>3</ids> </undelete>'

Input

Name Type Description
ID String 削除されたオブジェクトのID。ID またはXML 入力が必要です。
XML String XML でフォーマットされたID のリスト。XML またはID 入力が必要です。

Result Set Columns

Name Type Description
Success String オブジェクトが正常に復元された場合はtrue を返します。
ID String 操作が成功した場合の、復元されたオブジェクトのID。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7655