JDBC Driver for Salesforce

Build 20.0.7655

QueryBatch

クエリバッチを使って、Salesforce からデータを取得します。このストアドプロシージャでは、コンテンツタイプCSV で作成されたバッチのみをクエリできます。

Input

Name Type Description
Query String Bulk API は次のSOQL をサポートします:COUNT、ROLLUP、SUM、GROUP BY CUBE、OFFSET、Nested SOQL クエリ、Relationship フィールド。また、Bulk APIは、複合アドレスまたは複合ジオロケーションフィールドにアクセスまたはクエリすることはできません。クエリパラメータはジョブID およびバッチID が指定されていない場合に必要です。ワイルドカード(*)はサポートされていないので、カラム名を指定してください。
JobId String ジョブのID。このパラメータが指定されている場合、バッチID も指定される必要があります。
BatchId String バッチのID。このパラメータが指定されている場合、ジョブID も指定される必要があります。
ChunkSize String Salesforce では、10百万レコードを超えるテーブルをクエリする場合やバルククエリが頻繁にタイムアウトになる場合には、Chunk を有効化することが推奨されています。Cuncksize が指定されている場合、クエリは複数のバッチに分割されます。chunk への分割を無効化するには値を0 に設定します。Chunk の最大サイズは250000未満です。

The default value is 30000.

ConcurrencyMode String ジョブの並列処理モード。有効な値は、Parallel およびSerial です。Parallel:デフォルト値である、並列処理モードでバッチを処理。Serial:シリアルモードでバッチを処理。並列処理での処理は、データベース競合の原因になる可能性があります。重度の競合の場合、ジョブが失敗することあります。この問題が発生する場合は、並列処理モードをSerial にしてください。それにより、バッチは一度に1つずつ実行されます。このオプションを使用すると、ジョブの処理時間が大幅に長くなることがあります。

The allowed values are Parallel, Serial.

The default value is Parallel.

SkipErrors String このboolean パラメータは、エラーとなったバッチをスキップして完了したバッチの結果を取得するかどうかを示します。

The allowed values are true, false.

The default value is false.

Rows@Next String これは、複数ページの結果でページ移動するために使用されます。手動では設定しません。

Result Set Columns

Name Type Description
Id String バッチのID。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7655