JDBC Driver for Salesforce

Build 20.0.7655

GetOAuthAuthorizationUrl

アプリケーションへのアクセスを許可するためにユーザーが個別に開く必要がある認可URL を取得します。Web アプリケーションを開発する場合にのみ必要です。

Input

Name Type Description
CallbackUrl String 認可の完了後に、ユーザーが戻るページ。
Scope String アプリケーションへのアクセスに必要なスペース区切りの権限のスコープ。有効な値はapi、chatter_api、full、id、refresh_token、visualforce、web です。詳しくは、http://help.salesforce.com/help/doc/en/remoteaccess_oauth_scopes.htm を参照してください。
Grant_Type String アプリケーションに付与される認可タイプ。code に設定した場合、ストアドプロシージャはクエリの文字列パラメータに検証コードを含んだ認可URL を返します。これはGetOAuthAccessToken ストアドプロシージャと併せて送り返す必要があります。Implicit にするとOAuth アクセストークンが直接URL に返されます。

The allowed values are Implicit, Code.

State String コールバックで送信する任意の値。

Result Set Columns

Name Type Description
Url String 認可URL。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7655