JDBC Driver for Salesforce

Build 20.0.7655

データモデル

本製品 を使用すると、アカウント内のすべてのテーブルを操作できます。本製品 は、Salesforce に接続し、適切なWeb サービスを呼び出してテーブルのリストとテーブルのメタデータを取得します。本製品 を使用して接続すると、新しいテーブルの追加、新しい列の追加、列のデータ型の変更など、Salesforce アカウントに対して行う変更は即座に反映されます。

テーブル

本製品 はSalesforce API をリレーショナルTables としてモデル化します。テーブル定義は動的に引用されます。ここではSalesforce.com 開発環境に含まれるサンプルテーブル定義を表示します。

テーブルに加えて、本製品 は以下のストアドプロシージャとビューを備えています。これらにより、一括ジョブやカスタムレポートなど、Salesforce API の他の要素を扱うことができます。

ストアドプロシージャ

Stored Procedures は、Salesforce のファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、Salesforce 内の情報を検索、更新、および変更できます。

ビュー

Views は、Salesforce のいくつかの追加的なメタデータ情報を提供します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7655