Excel Add-In for OData

Build 20.0.7695

接続の管理

接続プロファイルは、Windows アカウントに関連付けられたユーザー単位の設定にできます。あるいは共有を容易にするために、ブックに接続を埋め込むことができます。接続プロファイルに関連付けられている権限は、許可された操作も制御します。

ワークシートにリンクされている接続を変更するには、[CData]リボンにある[データの取得]をクリックし、[取得元:OData]を選択します。 これで[CData クエリ]ウィンドウが開きます。接続が正常に確立されたら、CData リボンの[クエリの編集]をクリックして[CData クエリ]ウィンドウにアクセスすることもできます。

CData クエリウィンドウ

[CData クエリ]ウィンドウでは、データのどの部分をExcel プロジェクトに取り込むかを編集することができます。

[テーブル/ビュー]ボックスの横にある[選択]ボタンをクリックして、[テーブル選択]ウィンドウを開きます。このウィンドウでは、以下のことができます。

  • [接続名]ドロップダウンボックスで、新しい接続を選択または作成します。その後、[編集]ボタンをクリックして接続を編集できます。ここでOData ドライバーへの接続パラメータを編集できます。接続プロパティ、アクセス許可、および接続を保存する場所を設定するには、接続の確立 を参照してください。
  • [テーブル/ビュー]検索ボックスを使用して、テーブルやビューを検索します。
  • [新しいテーブルを定義]ボタンで、OData インスタンスに新しいテーブルを作成します。
  • ワークブックに取り込むテーブルを選択します。

[CData クエリ]ウィンドウでテーブルを選択したら、[OK] をクリックするとOData から取得する[カラム]を編集することができます。インポートする各カラムの横にあるチェックボックスをON にするだけです。

上記の設定を変更すると、[クエリ]テキストボックスが自動的に更新されます。ただし、[SQL クエリ]テキストボックスを使用して、クエリの編集やカスタマイズが可能です。クエリについて詳しくは、データのクエリ を参照してください。

シート名を変更することもできます。デフォルトでは、クエリするテーブルの名前に設定されます。

[OK]をクリックすると、設定したすべてのプロパティで新しい接続が作成されます。CData リボンの[接続マネージャー]をクリックして、利用可能なすべての接続を管理できます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7695