JDBC Driver for PCA Accounting

Build 20.0.7654

Hojo

補助科目マスター : Hojo

Columns

Name Type ReadOnly Description
BEVersion String True

エンティティバージョン 整数 4バイト整数 DXシリーズ Rev1.00〜:2 Xシリーズ Rev1.00〜:1 / 常に2を返します

Id [KEY] Int False

補助ID 数値 4バイト整数 1以上のユニークな値 / 作成時以外は必須

Code String False

補助科目コード 文字列 半角10桁 スペース不可 / 科目IDと補助科目コードでユニーク 修正時は変更できません

KmkId Int False

科目ID 数値 4バイト整数 1以上の値 / 科目IDと補助科目コードでユニーク 修正時は変更できません

HojoUnionId Int False

補助結合ID 数値 4バイト整数 / 作成時以外は、検索時に取得した値をそのまま設定してください

Kana String True

カナ索引 文字列 半角5文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

Name String False

補助科目名 文字列 全角7文字/半角14文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

FormalKana String True

補助科目正式名フリガナ 文字列 半角30文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

FormalName String False

補助科目正式名 文字列 全角20文字/半角40文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

DrTaxClassId Int False

借方税区分ID 数値 4バイト整数 1以上の値 /

CrTaxClassId String False

貸方税区分ID / 属性・値の設定範囲は借方税区分IDと同様です

TaxCalcMode String True

消費税自動計算 数値/文字列 0: NotCalc: 税計算しない 1: Inside: 内税自動計算 2: Outside: 外税自動計算 9: NoneSpecified: 指定なし (初期値) /

TaxRoundMode String True

消費税端数処理 数値/文字列 0: RoundDown: 切り捨て 1: RoundUp: 切り上げ 2: RoundOff: 四捨五入 9: NoneSpecified: 指定なし (初期値) /

BankTransferMode String True

振込先使用フラグ 数値/文字列 0: Unrelated: 振込先に使用しない (初期値) 1: BankTransfer: 振込先に使用する /

ZipCode String True

郵便番号 文字列 数字と「-」8桁 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

Address1 String True

住所上段 文字列 全角20文字/半角40文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

Address2 String True

住所下段 文字列 全角20文字/半角40文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

Tel String True

TEL 文字列 数字と「- ( )」26文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

Fax String True

FAX 文字列 数字と「- ( )」26文字 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます

CloseDay Int False

締日 数値2桁 0〜99 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます ※1

PayDay Int False

支払日 数値2桁 0〜99 / 作成時、共通補助が既に登録されている場合は値を設定しても共通補助の値が反映されます ※1

CorporateMyNumber String True

法人番号 文字列 半角数字 13桁 / 以下のエンティティバージョンからの要素 DXシリーズ:2

Reserve1 Int True

予備1 数値 4バイト整数 /

Reserve2 String True

予備2 / 属性・値の設定範囲は予備1と同様です

Reserve3 String True

予備3 / 属性・値の設定範囲は予備1と同様です

UpdateTime Datetime True

更新日付時間 日付時間 / 修正・削除時は、検索時に取得した値をそのまま設定してください

KmkLockType String True

科目権限ロック 数値/文字列 0: None: ロックなし 1: Input: マスター・仕訳入力ロック 2: Reference: 参照ロック / 作成・修正時は無視されます

Pseudo-Columns

SELECT ステートメントのWHERE 句では、疑似カラムフィールドを使用して、データソースから返されるタプルを詳細に制御することができます。

Name Type Description
IdList String

/ 補助ID一覧(複数指定) 子要素として補助ID

Id
をセットしてください 以下のエンティティバージョンからの要素 DXシリーズ:200 Sシリーズ :1

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654