Tableau Connector for Google Spanner

Build 21.0.7930

Tableau サーバー

前提条件

開始する前に、サポートされているTableau アプリケーションをインストールしておく必要があります。これにはTableau Server 2020.4 以降が含まれます。

古いバージョンのTableau Desktop の場合は、代わりにCData ODBC Driver またはJDBC Driver for Google Spanner を使用してください。

以前に登録されたコネクタと同じクラスがある場合、新しいコネクタは拒否されます。

コネクタのインストール

前提条件が満たされたら、以下を行います。

  1. インストーラーを起動します。JAR ファイルは自動的にDrivers ディレクトリに配置されます。デフォルトではC:\Program Files\Tableau\Drivers です。このファイルは、connector が正しく機能するために、ここに配置される必要があります。
  2. ライセンスファイル(.lic)がDrivers フォルダ内にJAR と一緒に置かれていることを確認してください。
  3. .taco<MyTableauServerRootDir>/data/tabsvc/vizqlserver/Connectors にドロップします。ルートディレクトリは、Tableau Server がインストールされているドライブのProgramData である可能性が高いです。
  4. サーバーを再起動します。
  5. 署名されていないパッケージ化されたコネクタを使用するには、オプションとして、TSM を介してnative_api.disable_verify_connector_plugin_signature をtrue に設定して、署名の検証を無効にします。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930