Tableau Connector for Google Spanner

Build 21.0.7930

ヘッドレスマシン

ヘッドレスマシンでのOAuth の使用

ヘッドレスサーバーや、connector がブラウザを開くことができないその他のマシンにGoogle Spanner データソースを作成するには、別のマシンから認証を行う必要があります。認証は、2段階認証プロセスになります。

  1. connector を別のマシンにインストールする代わりに、次の手順に従ってOAuthVerifier 値を取得できます。または、別のマシンにconnector をインストールし、通常のブラウザベースのフローで認証した後でOAuth 認証値を転送することもできます。
  2. その後、ヘッドレスマシンからアクセストークンを自動的にリフレッシュするようにconnector を設定します。
connector の埋め込みOAuth クレデンシャルを使用するか、カスタムOAuth アプリのOAuth クレデンシャルを使用して、ヘッドレスOAuth 認証フローに従うことができます。

埋め込みOAuth クレデンシャルの使用

Verifier code を取得

別のマシンから認証してOAuthVerifier 接続プロパティを取得する方法は次のとおりです。

  1. 次のリンクをクリックして Google Spanner OAuth endpoint ブラウザで開きます。
  2. ログインして、connector にアクセス許可を与えます。すると、verifier code を含むコールバックURL にリダイレクトされます。
  3. verifier code の値を保存します。これをOAuthVerifier 接続プロパティに設定します。

ヘッドレスマシンでは、次の接続プロパティを設定してOAuth 認証値を取得します。

  • OAuthVerifier:verifier code に設定。
  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • OAuthSettingsLocation:これを設定すると、暗号化されたOAuth 認証値が指定されたファイルに永続化されます。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

OAuth 設定ファイルが生成されたら、次のプロパティを設定してデータに接続します。

  • OAuthSettingsLocation:暗号化されたOAuth 認証値を含むファイルに設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルがconnector に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

OAuth 設定を転送

別のマシンにconnector をインストールして認証し、結果のOAuth 値を転送する方法は次のとおりです。

セカンドマシンに、connector をインストールして、次の接続プロパティセットで接続します。

  • OAuthSettingsLocation:書き込み可能なテキストファイルに設定。
  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。
ブラウザで認証する接続をテストします。生成された認証値は、OAuthSettingsLocation で指定されたパスに暗号化されて書き込まれます。接続が正常にテストされたら、OAuth 設定ファイルをヘッドレスマシンにコピーします。

ヘッドレスマシンで、次の接続プロパティを設定し、データに接続します。

  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • OAuthSettingsLocation:OAuth 設定ファイルのパスに設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルがconnector に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

カスタムOAuth アプリのクレデンシャルの使用

カスタムOAuth アプリの作成

ヘッドレスOAuth フローでは、カスタムOAuth アプリの作成は任意です。connector の埋め込みOAuth クレデンシャルで接続することで、アプリの作成をスキップできます。カスタムOAuth アプリを作成して、ユーザーがGoogle Spanner にログインしてconnector にアクセス権を与えるときに表示される情報を変更することもできます。

手順については、カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。下記の手順に従って、データの認証および接続を行うことができます。

Verifier code を取得

ヘッドレスマシンで次のプロパティを設定します。

  • InitiateOAuth:OFF に設定。
  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

別のマシンから認証してOAuthVerifier 接続プロパティを取得する方法は次のとおりです。

  1. CallbackURL 入力パラメータを、アプリ設定で指定した正確なリダイレクトURI に設定して、GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。
  2. 返されたURL をブラウザで開きます。ログインして、connector にアクセス許可を与えます。すると、verifier code を含むコールバックURL にリダイレクトされます。
  3. verifier code の値を保存します。これをOAuthVerifier 接続プロパティに設定します。

ヘッドレスマシンでは、次の接続プロパティを設定してOAuth 認証値を取得します。

  • OAuthVerifier:verifier code に設定。
  • OAuthSettingsLocation:これを設定すると、暗号化されたOAuth 認証値が指定されたファイルに永続化されます。
  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

OAuth 設定ファイルが生成されたら、次のプロパティを設定してデータに接続します。

  • OAuthSettingsLocation:暗号化されたOAuth 認証値を含むファイルに設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルがプロバイダーに読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

OAuth 設定を転送

別のマシンにconnector をインストールして認証し、結果のOAuth 値を転送する方法は次のとおりです。

セカンドマシンに、connector をインストールして、次の接続プロパティセットで接続します。

  • OAuthSettingsLocation:書き込み可能なテキストファイルに設定。
  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthClientId:アプリの登録時に割り当てられたクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

認証する接続をテストします。生成された認証値は、OAuthSettingsLocation で指定されたパスに暗号化されて書き込まれます。接続が正常にテストされたら、OAuth 設定ファイルをヘッドレスマシンにコピーします。ヘッドレスマシンで、次の接続プロパティを設定し、データに接続します。

  • InitiateOAuth:REFRESH に設定。
  • OAuthSettingsLocation:OAuth 設定ファイルのパスに設定。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルがconnector に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930