Tableau Connector for Google Spanner

Build 21.0.7930

カスタムクレデンシャル

カスタムOAuth アプリを使用するタイミング

カスタムOAuth アプリの作成は、connector がすでにGoogle Spanner に登録されていて埋め込みクレデンシャルで接続できるため任意です。

カスタムOAuth アプリを作成して、ユーザーがGoogle Spanner にログインしてconnector にアクセス権を与えるときに表示される情報を変更することもできます。

カスタムOAuth アプリでのデスクトップ認証

下記の手順に従って、カスタムOAuth アプリの資格情報を使用して認証します。カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。

OAuth アクセストークンの取得およびリフレッシュ

次を設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリの登録時に割り当てられたクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 交換の繰り返しや、手動でのOAuthAccessToken 設定を避けられます。
  • InstanceId:接続するインスタンスのID に設定。
  • Database:接続するデータベース名に設定。
  • ProjectId:接続するプロジェクトのID に設定。
接続すると、connector はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。 connector はこれでOAuth プロセスを完了します。
  1. コールバックURL からアクセストークンを取得し、リクエストを認証します。
  2. アクセストークンの期限が切れたときにはリフレッシュしてください。
  3. OAuthSettingsLocation にOAuth 値を保存し、接続の間に維持されるようにします。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930