CData Python Connector for Google Spanner

Build 21.0.7930

パッケージのインストール

依存関係

Python コネクタで必須の依存関係はPython ディストリビューションのみであり、バージョンは3.6、3.7、3.8、3.9のどれでも構いません。他のバージョン3系のディストリビューションでは、バージョンの依存関係に対応するために仮想環境を作成する必要があるかもしれません。

インストール

CData Python Connector for Google Spanner setup ZIP には互換性のある各オペレーティングシステム用(Windows、Mac、およびLinux)のコネクタのバージョンが含まれています。

Python バージョン3.6、3.7、3.8、および3.9がサポートされています。Mac 環境では3.8のみがサポートされています。

Windows 環境では、適切なPython バージョンとbit 数のwhl ファイルを"pip install" コマンドで実行してください。例えば、コマンドプロンプトで関連するディレクトリに移動したら、Windows 環境の64bit Python 3.7ディストリビューションでは次のコマンドが適切です。バージョン番号は環境に合わせて変更してください。

pip install cdata_googlespanner_connector-21.0.xxxx-cp37-cp37-win_amd64.whl

Linux またはMac 環境では、選択するパッケージはtar gz ファイルになります。その場合も、"pip install" コマンドをターミナルから使用します。例えば、Linux 環境のPython 3.7ディストリビューション用のコネクタをインストールするには、次のコマンドが適切です。バージョン番号は環境に合わせて変更してください。

pip install cdata-googlespanner-connector-21.0.xxxx-python37.tar.gz

環境に関わらずいくつかのディストリビューションでは、すでにインストールされたPython 2ディストリビューションがある場合、それと区別するために"pip3 install" コマンドを使用する必要があるかもしれません。インストール後に、コネクタが正常にインストールされたかどうかを"pip list" コマンドを実行して確認できます。コマンドで出力されるリストに"cdata-googlespanner-connector" があれば、インストールは成功です。

ライセンス

インストール完了後にコネクタのライセンスをアクティベートするには、追加のステップが必要です。ディストリビューションのsite-packages のCData アセット内に、ライセンスをアクティベートするためのinstall-license ツールがあります。ディストリビューションのsite-packages フォルダから、"cdata/installlic_googlespanner" フォルダに移動後、次のコマンドを使用するだけでライセンスをアクティベートできます。<key> 引数を除外すると、評価版ライセンスがアクティベートされます。

  • Windows:
    ./install-license.exe <key>
  • Linux / Mac:
    ./install-license <key>

アンインストール

何らかの理由でコネクタをアンインストールする必要がある場合は、以下の例のようにpip uninstall コマンドを実行してください。

pip uninstall cdata-googlespanner-connector

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930