Cmdlets for Workday

Build 22.0.8397

Invoke-Workday Cmdlet

Parameters   Output Objects  

Workday データを検索および更新します。

Syntax

Invoke-Workday [parameters]

Remarks

Invoke-Workday コマンドレットを使ってSQL ステートメントを直接実行するためにSQL ステートメントを使うことができます。パラメータ化されたクエリの構文を以下に示します。

$query = Invoke-Workday -Connection $connection -Query 'SELECT * FROM [CData].[Human_Resources].Workers WHERE Legal_Name_Last_Name=@Legal_Name_Last_Name' -Params @{'@Legal_Name_Last_Name'='Morgan'}
このコマンドレットは、ストアドプロシージャの実行にも便利です。EXEC キーワードを使ってストアドプロシージャを呼び出します。
$query = Invoke-Workday -Connection $connection -Query 'EXEC SelectEntries ObjectName = @ObjectName' -Params @{"Account"}
複数のParams パラメータを渡すには、セミコロン(;) を区切り文字として使用します。以下のコードは、2つのパラメータ(param1 およびparam2)を持つEXEC コマンドの構造の概要を示しています。
$query = Invoke-Workday -Connection $connection -Query 'EXEC MyStoredProc Input1=@param1, Input2=@param2' -Params @{'@param1' = 'value1'; '@param2' = 'value2'}

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397