ODBC Driver for Workday

Build 22.0.8397

MySQL Workbench からの接続

MySQL Workbench のようなクライアントは、Workday ODBC データソースに仮想MySQL データベースとして接続できます。このセクションでは、MySQL Workbench で仮想MySQL データベースとしてODBC リモーティングを設定する方法について説明します。

SQL Gateway の設定

SQL Gateway 管理ツールで仮想MySQL データベースを作成する手順は次のとおりです。

  1. プロキシサービスを[サービス]タブで設定および開始します。 >
  2. データベースユーザーを[ユーザー]タブで設定します。
  3. TLS/SSL 経由で接続する必要がある場合は、[その他]タブで設定します。
  4. トンネリング を設定して、ファイアウォールの背後でホストされているサービスにアクセスします。

データベースへの接続

メインメニューで[Database]->[Connect to Database]を選択します。接続に名前を付け、ダイアログが表示されたら以下の情報を入力します。

  • Hostname およびPort:サービスのホスト名およびポートを入力します。トンネリング で接続する場合は、トンネルのIP / ポートを指定してください。
  • Username:SQL Gateway で作成したユーザーアカウントのユーザー名を入力します。
[接続のテスト]をクリックするとパスワードを求められます。また、サービスの設定時にSSL を有効にした場合は、SQL Gateway のデジタル証明書を受け入れるように促されます。証明書は[その他]タブで設定できます。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397