ODBC Driver for Workday

Build 22.0.8397

リンクサーバー

CData は、ODBC ドライバーを使ってSQL Server Management Studio でのリンクサーバーの作成をサポートします。このセクションでは、リンクサーバーを利用するメリット、リンクサーバーの作成方法、リンクサーバーを利用したメタデータ検出、リンクサーバーからのクエリ実行方法について説明します。

リンクサーバーの利点

CData SQL Gateway への接続には、SQL リンクサーバーを使用することができます。SQL Server は、CData SQL Gateway をリンクSQL Server インスタンスとして扱うため、ODBC データソースに直接接続する場合のようにパフォーマンスを低下させることなく、Workday のデータをクエリする完全なSQL クエリを記述することができます。接続は、ローカルで行うことも、別のマシンにあるGateway に行うこともできます。

リンクサーバーの作成

SQL Server Management Studio でリンクサーバーを作成する方法については、リンクサーバーの作成 を参照してください。 ODBC リモーティング機能により、リンクサーバーのサポートが可能です。ODBC リモーティング機能を使用すると、リモートマシンからODBC ドライバーに接続できます。MySQL またはTDS(SQL Server)プロトコルを介して通信する、MySQL またはSQL Server の仮想データベースとして各ODBC データソースに接続します。ODBC リモーティングは、CData SQL Gateway アプリケーション経由で管理されます。リモーティング機能は、Windows 版でのみ使用できます。

メタデータの検出

SQL Server に接続可能なあらゆるツールからリンクサーバーを使用してメタデータを検出する方法については、メタデータ検出 を参照してください。

クエリの実行

SQL Server に接続可能なあらゆるツールからリンクサーバーを使用してクエリを実行する方法については、クエリの実行 を参照してください。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397