ADO.NET Provider for Autify

Build 21.0.7930

コードファーストアプローチ

本製品 からモデルを確認するもう1つの方法は、モデルクラスを記述することです。これは、Entity Framework におけるコードファーストアプローチで、アプリケーションで使用するデータモデルをより詳細に制御することができます。

Entity Framework のインストール

Entity Framework をインストールするか、選択したバージョンのEntity Framework で必要とされるアセンブリへの参照を追加します。Entity Framework 6 の使用については、EF 6の使用 を参照してください。本製品 に付属するすべてのアセンブリの詳細については、インストールされるアセンブリ を参照してください。

プロバイダーの登録

App.Config またはWeb.config に接続文字列を追加します。多くの場合、connectionStrings ノードはルート構成ノードのconfigSection ノードの直下にあります。

<configuration>
  ...
  <connectionStrings>
    <add name="AutifyContext" connectionString="ProjectId=255;ApiKey=M9e88D3s31b35347EgNVa;" providerName="System.Data.CData.Autify" />
  </connectionStrings>
  ...
</configuration>

コンテキストクラスの作成

最初に、Autify コンテキストクラスを作成します。これは、DbContext を拡張し、データソース内のテーブルを示すDbSet プロパティを公開する基本オブジェクトです。次に、OnModelCreating メソッドをオーバーライドして、DbContext クラスの一部のデフォルト機能をオーバーライドします。次のコードでは、これらのプロパティについて説明しています。

using System.Data.Entity;
using System.Data.Entity.Infrastructure;
using System.Data.Entity.ModelConfiguration.Conventions;

class AutifyContext : DbContext {
  public AutifyContext() { }

  public DbSet<Scenarios> Scenarios { set; get; }
  
  protected override void OnModelCreating(DbModelBuilder modelBuilder)
  {
    // To remove the requests to the Migration History table
    Database.SetInitializer<AutifyContext>(null);
    // To remove the plural names
    modelBuilder.Conventions.Remove<PluralizingTableNameConvention>();    
    //For versions of EF before 6.0, uncomment the following line to remove calls to EdmTable, a metadata table
    //modelBuilder.Conventions.Remove<IncludeMetadataConvention>();
  }  
}

テーブルモデルの作成

最後に、コンテキストクラスのDbSet プロパティで定義された各テーブルのクラスを定義します。テーブルクラスには、そのテーブルの各フィールドに対応するプロパティのリストが含まれている必要があります。テーブルクラスの各プロパティの属性を設定するには、対応するマップクラスを定義する必要があります。

using System.Data.Entity.ModelConfiguration;
using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema; //EF 6 and later
//using System.ComponentModel.DataAnnotations //For versions of EF before 6


[System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema.Table("Scenarios")]
public class Scenarios  {
  [System.ComponentModel.DataAnnotations.Key]
  public System.String Id { get; set; }
  public System.String ProjectURL { get; set; }
}

コードでLINQ コマンドを実行する

これで、コードでLINQ を使用する準備が整いました。ファイルで必ず"using System.Linq" を宣言してください。

AutifyContext ents = new AutifyContext();
var ScenariosQuery = from Scenarios in ents.Scenarios
                   orderby Scenarios.ProjectURL
                   select Scenarios;

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930